なるか?、自身史上最大級のDXペディション

2015年12月19日 12:05 <--クリックお願い!

自身、これまで一番費用を掛けたDXペディションは、岩手県宮古市の休暇村に1週間泊り込んでDXを行ったペディで、宿泊費だけでも4万円近く。交通費や食費を含めると、6万円台というペディションだった。

来週末、費用総額はその時に迫るDXペディションを沖縄で行う。
当初、今年の年末年始はPC購入をするため、家で過ごす予定だった。でも、SDRで記録したデータ解析には、SSD搭載のPCは欠かせない。ショップブランドなら10万円台前半でも256GbyteSSD+1TBHDD搭載PCはあるのだが、DELLやHPなど、普段、自分が使うメーカー製の場合は、まだ20万円近い値段がする。
でも、来年夏のボーナスシーズンなら、このスペックのPCは10万円そこそこの値段まで下がるだろう。そう読んで、PC購入を延期。その代わり、沖縄ペディを行うことにした。


先日の書き込みでは、部屋を確認出来ていないため、控えめ?のメッセージだったが、今日、電話で部屋の希望を伝え、アンテナ設置の許可も頂いた。

宿泊するホテルは、沖縄本島の南端に近い八重瀬町にある、ザ・サザンリンクスGCにあるリゾートホテル「ザ・サザンリンクス・リゾート」。FLAGをアンテナ架設し、部屋でのDXを可能とするため、客室専用庭がある、1Fのガーデンツインの部屋を指定。

しかし、ホテルの主にボイラーなど空調設備のノイズは、何処まで影響があるかは行ってみないことには判らない。
そのため、プールサイドの東屋か、プールを挟んだ海寄りのベンチ&テーブルでのDXも想定している。1Fのガーデンツインの部屋の場合、専用庭から外に出ることも可能なので、深夜早朝に、部屋から若干離れた場所へ移動してのDXも容易になる。・・・でも、雨だったらそれが出来ないケド。


成果は2年前、TDXCが沖縄の浜比嘉島で行ったDXペディレベルの成果は期待。2泊するのと、部屋でのDXも可能であろうことを考慮すると、ターゲットはフィリピン中波局に止まらない、東南アジアやインドシナ。早朝はアフリカやオセアニア中波局までターゲットは広まる。・・・って、流石にアフリカ中波は無理かな?

冬のペディなので、短波ではロングパスのLADXも期待。鹿児島でLADXの経験があるしば良平さんは、ペルー局が聞こえるのは秋~春の朝8時台だった。と話していたので、沖縄でのLADXにもチャレンジしてみようと思っている。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2173-b22942e8
    この記事へのトラックバック



    最近の記事