沖縄DXペディション(番外編)

2015年12月31日 23:32 <--クリックお願い!

12月27日~29日に行った、沖縄本島最南端に近いゴルフリゾートでのDXペディション。

紅白を見ながらでは、記事をまとめにくいので、今日は受信音声をどーんとお届けします。
題して、“Philippines National anthem全集”
ん?
●594kHz DZBB, Obando, Philippines
同じ波にNHK第一放送・東京と同じ周波数のこの局は、関東地方では南房総など一部で、NHKのバックでかすかに聞こえるだけ。
しかし、沖縄ではローカル局と言っても差し控えないコンディションで受信出来ました。



●630kHz DZMM, Obando, Philippines
全国的に聞こえるお馴染みの局ですが、同じ波の台湾局の影響からか、沖縄では思った程にFBではありませんでした。…と言っても、関東地方での受信状態の差は歴然ですが。
24時間放送の局なので、滅多に国歌演奏の場面に遭遇することはありませんが、偶然にも受信することが出来ました。



●684kHz Aksyon Radyo(DYEZ), Bacolod, Philippines
IBC岩手放送や長崎放送と同波のため、東日本や九州での受信は難しいと思います。
かく言う自分も初受信です。

アナウンスは、コールサインではなく、局名のAksyon Radyoとアナウンスしています。



●828kHz DXCC, Cagayan de Oro City, Philippines
全国的に受信が可能な常連局。でも、昔ほどにはFBな受信が難しくなっていると感じます。
しかし、沖縄では同波のNHK大阪・第二放送の方が珍局です。(笑)



●1062kHz Radyo Aguila(DZEC), Obando, Philippines
IDはRadyo Aguilaとアナウンスしており、コールサインはアナウンスしていません。自身は初受信ですが、この波の本土局は出力100w局が点在しているだけなので、受信が可能な地域は多いものと思われます。



●1242kHz DWBL, Malangay, Philippines
ニッポン放送と同じ周波数。しかも、ニッポン放送が停波する月曜早朝の時間帯には放送していないため、本土での受信は困難を極めます。



DZMM以外は、全て放送開始時を狙った時間に記録したデータから拾いました。
ちなみに、偶然に国歌演奏の部分を受信したDZMMですが、翌日は同じ時間帯は国歌の演奏はありませんでした。
そういえば、自分がフィリピンの24時間放送局で、国歌演奏部を受信したのは、今回が初めてです。


この記事が、年内最後の記事となります。
「BCLと写真が好きなおじさんの日記」へのご愛顧をありがとうございました。
来年も引き続き、変わらぬ訪問をお願い致します。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2179-64c562a6
    この記事へのトラックバック



    最近の記事