2016年も初日の出から

2016年01月01日 19:35 <--クリックお願い!

新年、明けましておめでとうございます。
今年も当ブログ「BCLと写真が好きなおじさんの日記」を宜しくお願い致します。

2016年元旦。新年最初の記事は、例年通りに初日の出からスタートです。

昨年は初めて、日本で一番早い初日の出が拝める千葉の犬吠崎での初日の出。しかし、生憎にも水平線上には厚い雲が掛かり、満足な初日の出見物とはならなかった。

今年は、何処で初日の出を見ようか。

一番の有力候補にしていたのが、湘南・二宮町の吾妻山公園。今年は菜の花の開花がメチャクチャ早く、昨年のクリスマス頃に読んだ記事で、既に7部咲きで見頃を迎えているという記事があったためで、初日の出と菜の花写真撮影の一石二鳥が狙える。

・・・と思ったが、なんと、家を出た時間が5時ちょうど。この時間では、吾妻山山頂に到着する予想時間が、日の出の約10分前。
しかも、過去に吾妻山公園で海を見た記憶では、南東~南西はバッチリと海が見下ろせるが、東は木が邪魔をして海が見辛かったような。
そんな不安もあったので、予定を急遽、変更して茅ヶ崎のサザンビーチ。ヘッドランド辺りで初日の出を見ることにした。
この場所での初日の出見物は2010年以来、実に6年振りのことである。

今年は天候に恵まれ、空にはまったく雲も掛かっていない。遠くに三浦半島があるので、水平線から見る日の出という訳にはいかないが、茅ヶ崎まで離れると、それに近い写真を撮ることも出来る。

今朝の東海道線。朝5時だというのに結構な混雑。しかし、藤沢でかなりの乗客が降りて行った。江ノ島で初日の出を見ようとする人達だろう。
その中には、流暢な日本語で話す白人系外国人が、新江ノ島水族館の海側で初日の出を一緒に見ようと、連れ添いの若い女子達に話していた。
その場所で初日の出を見るには、目の前に陸地と江ノ島に掛かる橋が邪魔になる。
思わず、教えてあげようかと思ったが、鼻の下を伸ばしながら若い女子に話をしている様子だったので、止めてしまった。(笑)

サザンビーチのヘッドランドに到着すると、東の空はまったく雲が無い。絶好の空模様。その場所では、結構、カメラを構えて待機しているカメラマンや、日の出と同時に沖に出ようとするサーファー達の姿があった。

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(1)


06:50頃、東の空に、赤く色付く部分が確認出来た。日の出が迫った証しである。
ここからはひっきりなしにシャッターを押し続けた。

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(2)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(3)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(4)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(6)


サーファー達も、写真を撮ろうとする姿や、サーファー達が一列に並らび手をつなぎ、朝日に向かう姿もあった。

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(5)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチ(7)


初日の出の写真撮影を終えた後、西側を見ると富士山の姿が。でも、その姿は、とても元旦とは思えない、余りにも少ない雪の量である。ここにも、暖冬の影響が目で見える形であった。

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチからの富士山(1)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチからの富士山(2)

2016年初日の出・茅ヶ崎サザンビーチからの富士山(3)


普段、初日の出撮影は寒いのを辛抱しながら撮影するものである。今朝6時時点での茅ヶ崎の気温は4度だった。
ところが、今年は足が若干寒いかも。と感じた程度で、体の方はまったく寒さを感じなかった。
その理由とは・・・

ユニクロのヒートテック下着を着ていたためである。気温4度の海で寒さを感じないのなら、それよりも気温が高い夕方~夜間に城ヶ島や川崎・東扇島行う、チョイペディに耐えるのは容易なこと。

冬のチョイペディは、これで決まり! である。

この後、菜の花の写真を撮りに、二宮の吾妻山公園へ向いました。そこでは、本来なら有り得ない写真を撮ることも出来てしまいましたが、その記事は後ほどへ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2180-9403151a
    この記事へのトラックバック



    最近の記事