沖縄DXペディション 受信局レポート

2016年01月11日 13:23 <--クリックお願い!

今日はJSWCの会報の投稿締切日。今月下旬に発行されるSW DX GUIDEに、沖縄DXペディション記の掲載を約束している。
という訳で、この土日は何処にも出掛けずに、ひたすら沖縄ペディで記録したデータのうち、最もフィリピン局がFBに聞こえた、沖縄本島の日没から19時台までと、朝8時台。
さらには放送開始する朝5時と6時台に記録したデータの解析をすすめ、今日の午前中に原稿が完成。先程、送付した。

前回の沖縄DXペディ記では、初日のDXを様子をUPすると書きましたが、メインのフィリピン中波局については、入感した局のピックアップはほぼ完了したものと思いますので、そのJSWC会報に掲載される記事を、一足先にお届けします。


沖縄DXペディション記

 今回の年末年始休暇は、カレンダーに恵まれず6連休。ところが、たった1日の休暇を取得するだけで9連休。年末年始は通常期の倍に跳ね上がる沖縄ツアー料金も、年末年始価格になるのは12月30日から。

 そこで、その1日の休暇を取得し、12月27日からの2泊3日で、沖縄本島の南端寄りにあるゴルフリゾート「サザンリンクリゾート」にあるホテルでDXペディションを行いました。本来の年末年始休暇中なら10万円台するツアー料金が、5万円台だったのがペディ実施決意の決め手になりました。

 以下に、ペディションの成果と受信リストを報告します。

 ホテルは3F建て。全室2名用洋室で40平米の広さ。1Fの客室のみ専用庭がありました。
 アンテナは、その専用庭と庭の外の芝生をまたぐ形で、6×2mの長方形FLAGを、地上高5~3m高で南向けに架設。メインターゲットはフィリピン中波局とし、インドネシア等の東南アジア局や、オセアニアの中波局もターゲットに含めました。

残念ながらインドネシア局は未入感。オセアニア中波局は、グアムとオーストラリアの一部の局が聞こえたのみで成果は極く僅か。ところが、フィリピン中波局は多くの局が入感。中には、まるで国内中波局の遠距離受信をしているかの状態で聞こえる局も。東京で、大阪の中波局を受信しているかのような状態の局もあり、想像を超える成果を上げることも出来ました。

沖縄で東南アジア方面の中波DXをする場合、最大の障害は台湾や中国大陸の局。ところが、これらの局の信号の影響が受け難い時間帯があることを発見。

 沖縄本島の日没時間には、既に一部のフィリピン中波局が入感し始めているのに、まだ中国大陸局の信号は上がっていません。その中国局の信号が上る、おおよそ19時前後までの約1時間。それと、とても驚いたのですが、中国局の多くがf/outした朝8時過ぎでも、しっかりとフィリピン中波局は残っていました。

 結果、この時間帯のみ受信確認が出来た局もありました。この時間帯と、やっぱりフィリピン中波局の多くが放送開始する5時と6時には中波を丸録して一網打尽。沢山の局のID確認が出来ました。

 また、中国大陸や台湾の局が真っ昼間から入感。台湾局の中には、出力が僅か3kWの局が昼間から聞こえた局もあり、驚きました。

 では、受信リストを公表します。

周波数 局名 ITU JST SIO 言語
540 DYRB PHL 454 322 FP
558 DZXL PHL 455 333 FP
567 KGUM GUM 1557 322 EG
585 中国東南広播 CHN 1557 353 CH
594 DZBB PHL 450 444 FP
610 V.O. the People of Ho Chi Minh City(推定) VTN 154 222 VT
612 DYHP PHL 454 333 FP
630 中国広播広司新聞網-宜蘭 TWN 1557 252 CH
666 DZRH PHL 454 443 FP
666 海峡之声新聞広播 CHN 1557 353 CH
675 DYKC PHL 450 333 FP
684 DYEZ PHL 454 443 FP
684 中央人民広播電台神州之声 CHN 1557 353 CH
702 DZAS PHL 548 433 FP
702 江蘇人民広播電台新聞頻率 CHN 1557 252 CH
702 ABC-2BL AUS 353 242 EG
720 DYOK PHL 454 322 FP
729 DXIF PHL 454 322 FP
747 DYHB PHL 454 322 FP
765 DYAP PHL 459 222 FP
765 DZYT or DYAR PHL 454 222 FP
765 中央人民広播電台中華之声 CHN 1557 353 CH
774 DWWW PHL 454 433 FP
783 海峡之声広播電台 CHN 1557 252 BN
792 基隆広播電台 TWN 1557 252 BN
801 DZNC or DXES PHL 754 333 FP
801 KTWG GUM 353 252 EG
810 DZRJ PHL 754 333 EG
810 浙江人民広播電台浙江之声 CHN 1557 252 CH
819 DYVL PHL 458 322 FP
819 中国広播広司新聞網-台東 TWN 1557 252 CH
828 DXCC PHL 455 454 FP
837 DYFM PHL 454 444 FP
837 中央人民広播電台中華之声 TWN 1557 353 CH
846 DZRV - R.Veritas PHL 1557 444 EG/FP
882 DYOG PHL 454 322 FP
882 DWIZ PHL 654 433 FP
891 DZGR PHL 754 333 FP
900 DXOW PHL 548 322 FP
909 中央人民広播電台神州之声 CHN 1557 353 CH
927 DZLG PHL 555 322 FP
927 DWRS PHL 455 322 FP
936 DXIM PHL 548 433 FP
954 DZEM, PHL 500 322 FP
963 DZNS PHL 548 322 FP
972 DXKH PHL 454 333 FP
981 DWMT PHL 454 322 FP
990 DZIQ PHL 458 322 FP
990 DZMT PHL 454 211 FP
999 DYSS PHL 454 322 FP
1008 DWBS(推定) PHL 548 322 FP
1026 DZAR PHL 454 443 FP
1044 DZNG PHL 754 343 FP
1062 DZEC PHL 451 454 FP
1071 DXKT PHL 458 222 FP
1080 DYBH PHL 454 433 FP
1107 DYIN PHL 548 443 FP
1125 DXGL PHL 454 333 FP
1125 DZWN, PHL 454 222 FP
1152 DYCM PHL 453 333 FP
1161 DYKR PHL 458 322 FP
1161 中国広播広司宜蘭広播第2広播 TWN 1557 343 BN
1179 DXRC PHL 457 333 FP
1188 DXIO PHL 454 433 FP
1188 中国広播広司花蓮広播第2広播 TWN 1557 343 BN
1215 DYRF, PHL 754 322 FP
1233 DYVS PHL 548 222 EG
1233 DWRV
  -Bayombong
PHL 1754 343 EG/
FP
1242 DWBL PHL 556 433 FP
1269 漢声広播電台(推定) TWN 1557 242 BN
1287 DXRC PHL 454 222 FP
1296 DWPR PHL 503 322 FP
1314 DWXI PHL 754 433 FP
1323 DYSI PHL 454 343 FP
1332 DWAY PHL 505 322 FP
1350 DWUN, PHL 1754 343 FP
1368 DXKO PHL 1557 333 FP
1386 DXCR PHL 558 322 FP
1440 DWDH PHL 454 222 FP
1485 DYDH PHL 501 333 FP
1494 DWSS, PHL 456 222 FP
1512 DYAB PHL 454 444 FP
1512 DZAT, PHL 2057 222 FP
1530 DZME PHL 457 433 FP
1530 浙江人民広播電台新聞広播 CHN 1557 252 CH
1548 DZSD(推定) PHL 507 443 FP
1548 ABC-4QD AUS 358 343 EG
1575 DXJR PHL 457 433 FP
1593 漁業広播電台-宜蘭 TWN 1557 232 BN
1593 DXSK(推定) PHL 1557 322 AR
1656 2MM AUS 2258 252 GK

※言語凡例

FP:フィリピン語 CH:中国語  BN:ビン南語(台湾語)
GK:ギリシャ語  VT:ベトナム語 AR:アラビア語

今回公表したリストは、限られた会報誌面内に収まるよう、簡易的にしたリストです。
そのため、放送内容や受信時に気が付いたトピックス等を省略。受信時の参考にして貰うには、情報が欠落だらけのリストになってしまっています。
それに、20時以降から深夜帯に記録したデータは流しただけで、解析と言えるレベルでのチェックは、まだこれから。

いつ完了出来るか判りませんが、いずれ、もっと詳細の受信リストを公表するつもりです。
とりあえずの目標は、来月のNDXC40周年記念ミーティングまでに公表。ってとこか?。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2183-0f777b2c
    この記事へのトラックバック



    最近の記事