久々の映画鑑賞とカメラ物色

2016年01月23日 20:13 <--クリックお願い!

今日は、自身はなんと2014年8月以来となる、映画館での映画を見てきた。
帰り道の途中では、そろそろ買い換えようと思っているカメラを物色。なかなか無かった、コンデジでもバルブ撮影が出来る機種をようやく見つけた。
2014年8月に見た映画は、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」。もう、1年5ヶ月も映画館での映画を見ていない。
今日はファーストデーでは無いが、川崎のチネチッタでは1,100円で映画が見れる日。という訳で、午前中にネットで座席指定してチケットを購入。15時過ぎから上映開始の時代劇映画を見た。

見た映画は、本日公開開始した「信長協奏曲」。公式HPでは、歴史が変わって、本能寺での出来事が変わるかどうかまでは書いていないけど、そりゃ、当たり前か。そこが、一番の見所だもんね。

この作品がTV放映されていた時は、フジテレビ月9初めての時代劇ということで注目。録画して毎週欠かさず見ていた。
この作品は面白かったが、これ以降の月9ドラマは詰まらない。この作品までは、見る、見ないに関わらず毎週、月9ドラマは録画していたが、この作品の次作品の途中からは、月9ドラマの録画を止めてしまった。
今の月9ドラマ、昔より全然詰まらないと思うのは、自分だけだろうか?。


映画鑑賞後は、購入を考えている新しいコンデジのスペックを確認するため、ヨドバシカメラへ。
購入を考えている機種は、CanonのPowerShot G5X。Canonのコンデジでは最上位機種と言える機種だと思う。

確認したかったのは、バルブ撮影が可能かどうかと、ISO1600以上で10秒以上のシャッタースピードで撮影出来るかどうかの2点。
バルブ撮影は一眼レフでは当たり前の機能でも、コンデジではなかなか無い。 でも、バルブ撮影は花火撮影では欠かせない機能。
後者のスペックは、星空。特に天の川が見れるロケーションでは必要不可欠な機能である。
その天の川は、晴天の空気が澄んでいるような日は、城ヶ島や荒崎では天の川が見える。それを撮影したいためである。

結果、PowerShot G5Xはこの条件をクリア。でも、価格が93,710円って、高いなぁ。
このワンランク落ちる機種G7Xも確認したが、こちらはバルブ撮影機能が付いていなかった。残念!。

出来れば、3月3連休に予定している旅行のさいに使いたいけど、果たして、買う決心が付くかどうか?。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2188-e1e69c77
    この記事へのトラックバック



    最近の記事