太東崎灯台でのペディ構想

2016年04月03日 21:19 <--クリックお願い!

今日は天候が思わしくなく、桜写真撮影に出掛けるのは中止。
午後からは、昨年12月以来、久し振りにRAKUSPA鶴見に行って来た。ここのレストランからは、鶴見川の対岸に咲く桜を見ることが出来た。これで、今年の桜観賞は終りかな・・・でも、なんか寂しい。

帰宅後、今後のDXペディ草案を考えてみた。
原則、1ヶ月に1度のペースで開催の川崎・東扇島でのDXペディションも、5月から8月まではお休みとなる。
では、その間は何をするか・・・である。

自分自身、この間のメインターゲットはEスポによるVHFDX。自宅は11階建ての最上階にあるので、ことVHFDXに関しては、東扇島でワッチするよりも自宅での方が成果がありそうなのである。
只し、アンテナが3エレFM用アンテナとしょぼい。しかも、それが架設出来るのは東向けバルコニー。Eスポの主なターゲット局は西から電波が来るので、それを考えると余り良くない。
しかし、アンテナを西へ向けると、その方角にはインターFM鶴見中継所があり、そのスプリアス発生もあるのだ。だから、指向性を西に向けられない。


そこで、今、考えているのがV/UHFDXの専門クラブJVUDXCのDXペディションを、千葉県の太東崎で行うことである。
ここには、自分が20歳代の若造の頃からお世話になった、JVUDXCのOMさんの別荘があり、その別荘にはログペリがある。それをお借りしてDXを行おうとする計画である。

また、その別荘は太東崎灯台からも徒歩十数分もあれば着く場所。その灯台がある広場で、FLAGアンテナを使用して、日没時のオセアニアMWDXを狙うことだって出来ちゃう。
という訳で、土曜日の夕方~夜は太東崎灯台でMWDX。翌日曜日は、Eスポ発生を期待してのVHFDXを行い、午後、帰宅するスケジュール。こんな内容のペディションを、5~7月に何度か行う。

また、9月以降はTPDX狙いで太東崎灯台でペディ。そこから徒歩で別荘に帰れちゃうので、2次伝播の時間帯まででも余裕でDXが出来ちゃう。
でも、秋は三陸のペディをメインに考えているので、こちらは実施するかどうかは未定だけど。

その地でのオセアニアDX狙いのDXペディションは、TDXCのNakaんさんのHPに、ロケーションを含めて詳しく説明されている。

そんな太東崎でのDXペディが、今年夏のメインとなるペディ構想なのだ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2217-3f7b62bd
    この記事へのトラックバック



    最近の記事