気仙沼DXペディの解析・・・実は進まず

2016年04月06日 22:42 <--クリックお願い!

開幕前は賭博問題で揺れたジャイアンツでしたが、高橋由伸新監督以下、チーム一丸となって頑張ってますね~。
今日のタイガース戦はエース菅野の完封勝利。この分だと、交流戦が始まる頃には2位と5ゲーム差以上。9月始めにはマジック点灯し、秋の彼岸の頃には高橋監督の胴上げ。

なんて、妄想を描いている・・・イヤ、現実です!?

さて、余談はここまでにして、本題。
今週末は、JSWCの会報への投稿締め切り。そのため、先月の気仙沼DXペディの結果を投稿すべく解析を。
と言いたいところだけど、桜のシーズンは写真に比重を置くのが例年のパターンのため、全然進んでいません・・・オイッ!!

今回のペディでのTP方面のコンディションは、良くも無く、かと言って悪くも無く。並のコンディション。
但し、地域によっては明らかに悪いと思うエリア、良いと思うエリアと明確だった。

悪いと思ったのはカナダ、アラスカ、ハワイ。特にハワイは悪く、常連の筈の1500kHz KHKAや1540kHzのKREAが辛うじて聞こえる状況。1570kHzのKUAUはまったくかすらない。この3局は、東扇島でも受信実績のあるTPDX入門局のレベルの局である。

アラスカでは、流石に850kHzのKICYは受信出来たが、780kHzのKNOMがダメ。その代わり、780kHzでは終始、ネバダ州レノ市のKKOHが聞こえていた。

カナダも、聞こえていたのはバンクーバーの局ばかりである。

一方、悪くも無く、かと言って良いと言い切れる程でも無く、並の状態だったのカリフォルニア州。この辺りでは、主に1000kHz以上の周波数の局が好調だったが、それ以下の低い周波数の局が不調。でも、810kHzのKGOだけは別格でした。

反面、「おっ!」と思ったのが、内陸部の局が録れたこと。自身は、もう20年近くも前、岩手県宮古市での受信以来となるWコールの局のIDも確認出来た。

という訳で、そのWコールの局と、FBだったカリフォルニアの局の受信動画を公表します。

●1140kHz KHTK Sacramento, CA
常連局で関東でも受信は出来ますが、1134kHzの文化放送のサイド混信があり、ここまでにはFBには聞こえません。



●1200kHz WOAI  San Antonio, TX
自身はほぼ20年振りの受信。普段はカリフォルニアのKYAAが聞こえていることが多いです。



今週末は土曜日が東扇島で日帰りペディ。日曜日は、さっさとJSWCへの投稿を終えて、横浜公園と山下公園へ。花の写真ネタがあるんです。それに、7月分のBCLミーティング会場手配にも行かねば。ペディリストを作る余裕が無いよん。(@_@)
スポンサーサイト


コメント

  1. 無理しないでください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2218-c8c8dd0f
この記事へのトラックバック



最近の記事