湯河原温泉DXペディション

2016年05月05日 12:24 <--クリックお願い!

G.W.の休みも、今日を含めて残り3日。昨日までに、G.W.中に計画していた行事は全て終了。後は、その行事をブログやHPに記したり、ペディや日帰り受信会で記録した受信データの解析を行うのみである。

先ずは、4月29日~30日に掛けて、神奈川県湯河原の日帰り温泉施設「ゆとろ嵯峨沢の湯」敷地内にあるコテージで行った、町田DXミーティング(MDXM)主催によるDXペディションの記事を。

但し、詳細内容はMDXMミーティングのHPにペディション記として書くので、ここでは軽く触れる程度にしておこう。

当日、朝の天気予報は晴れ。雨の心配は無い予報だったので、傘は持たずに家を出た。
今回も、ALA-1500S+ポータブルと、ALA-FLAG100MS二本のアンテナを持参。ALA-1500S+ポータブルは、5m同軸をエレメントとして、コテージ前の木と持参したアンテナポールとで架設。ALA-FLAG100MSは、普段の日帰りペディ時に架設するスタイルそのままに架設した。

2016湯河原温泉DXペディション(1)

2016湯河原温泉DXペディション(2)


最初のトラブルは、集合場所の湯河原駅前で、宿で酒盛りするさいのつまみやアルコールを購入している段階で早くも発生した。雨の心配無用と出ていた筈の天気がしっかりと外れ、結構な強い雨脚の雨が降り出した。自分は傘を持って来ていない。ヤバッ。

駅からはタクシーで宿へ。強かった雨も、一旦は小降りとなったため、その合間に素早くアンテナ設置。
さぁ、ワッチを始めようかと思った辺りからは再び雨脚が強まり、挙句は雷が鳴る始末。そのせいか?、ノイズレベルも高く、フロアノイズは概ね-100~-110dBmを差していた。

但し、室内のエアコンON/OFFだけでも、若干のノイズ差異も認められたので、フロアノイズが高めなのは、宿泊した宿の問題であって、天候のせいでは無いかも知れない。

自分のメインターゲットは中波DX局。まだまだ時間があるので、小一時間は温泉に浸かってゆったりと。ワッチは18時半を過ぎた頃から開始した。

ところが・・・

ここで自身最大のミスに気が付く。なんと、ノートPCの電源コードを忘れて来てしまったのだ。しかも、ノートPCのバッテリーは余り充電されておらず、結局は、19時の正時前後に15分間程の中波帯丸録をしたただけでワッチ終了。自分にとっては、宿泊ペディの意味が全く無い状態で終わってしまった。・・・オイオイ。

19時の正時を聞き終えた後、レストランで夕食。引き続き、コテージで酒盛りとなり、23時過ぎにワッチに戻った。

不幸中の幸いだったのは、今回はSDR受信機の他に、DE1103も持参していた事。従って、全くワッチが出来なかった訳では無い。
でも、中波帯を聞いてみても、聞こえるのは日本国内局や韓国・中国局が殆ど。僅かに、630kHzのABC-4QNやKUAM、1548kHzのABC-4QD位が引っ掛かった程度だった。

でも、早朝にコンゴのR.Candip(5066.3kHz)を受信出来た。0515放送終了で、SINPO24332と言った所だろうか。SDR受信機で記録するつもりだったので、ICレコーダーは持参せず。音を残したかったなぁ。

08時にコテージ敷地内の喫茶店で朝食。コテージ前でお決まり?の集合写真を撮り、アンテナ撤収し帰宅。自宅には、正午過ぎに到着した。


この日の午後からは、せきやま☆あすか氏主催のBCLミーティングが秋葉原で開催。それにも出席するための慌ただしい一日であった。
その記事は後ほど。

2016湯河原温泉DXペディション(3)

2016湯河原温泉DXペディション(4)

2016湯河原温泉DXペディション(5)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2228-f6f63389
    この記事へのトラックバック



    最近の記事