デジカメ新調

2016年05月07日 14:56 <--クリックお願い!

この前、新しいデジカメを購入した。

夏祭りの花火やパレードに備え、コンデジでありながらバルブ撮影が出来、夕暮れの時間帯でも激しい動きの踊りもブレずに撮影可能な高感度のカメラとして選んだのが、CanonのPowerShot G5Xです。

PowerShotG5X
最初の試し撮りは5月4日。横須賀市の荒崎公園での日帰りペディの際に、海の風景や日没、最後は星の撮影を行いました。
撮影を開始したのは17:40と、日が沈むまで1時間を切った時間帯。その時間帯は荒崎の海の風景を撮影。この日は風速10mを超える強風だったため波が荒く、その波の荒々しさを被写体に。

PowerShotGX5(4)

PowerShotGX5(3)

PowerShotGX5(2)


日没時は太陽が沈む瞬間を。当然ながら富士山の陰も被写体になるけど、こちらはぼんやりとしてしっかりとは見えません。

PowerShotGX5(5)


最後は星空の撮影。5月7日が新月のため、星空の撮影にはもってこいのコンディション。雲も殆どありません。
今まで使用していたデジカメでは、最大感度はISO3200。この感度の撮影では、最大1秒までしか撮影が出来ないため、まともに写るのは月位。
G5Xは、ISO12800でもバルブ撮影が可能。しかも絞りはF1.8からなので、星を撮るにはまったく問題は無いスペック。
という訳で、星空を撮ってみました。

夕方、富士山がぼやけており、視界はそれほど良いという状況では無かったので、天の川は無理だろう。
空が暗くなり、北斗七星がはっきりと判る時間になった20時すこし前、星空を撮影してみた。

すると、肉眼では見えていない星までが写っていてビックリ。これで空気が澄んで天の川が肉眼でも見えるような状況だったなら、どんな感じで写っていたのだろう。

PowerShotGX5(7)

PowerShotGX5(6)



次の新月は6月5日(日)なので、その前日の6月4日(土)を荒崎日帰りペディションの日に当てて、天の川撮影にもチャレンジしてみようか。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2231-8f27fa3c
    この記事へのトラックバック



    最近の記事