秋葉原BCLミーティング

2016年06月12日 03:56 <--クリックお願い!

昨日は、せきやま☆あすかさん主催のBCLミーティングが秋葉原で開催。
今回もまた、前回と同様に9名の参加者を迎えて賑やかなBCLミーティングが開催された。

昨日の午前中は、横浜・関内で行っているBCLミーティングの9月分の会場確保を行い、そのまま直行で秋葉原へ。待ち合わせ場所へ行ってみると、せきやま☆あすかさんは何と、JRCのNRD-545を胸に抱え、目印となって立っている。BCL/DXerじゃないと、秋葉原だけにハムの集会か?勘違いされるかも。

ミーティングは若干遅れて会場入りした1名を迎えてスタート。かつて月刊短波誌のイラストコーナーで活躍していた、現在はプロの漫画家さんである。その後、NHKのアナウンサーも迎え、計9名でミーティングは進行された。なかなかの顔触れである。

そのプロの漫画家さんは、色紙にイラストを書いてミーティングを盛り上げて下さった。
その絵がこれである。

あびゅうきょさんのイラスト


ハマのミーティングのように、形式化されたスタイルでは無い。情報を得るのを目的としたと言うよりは、お菓子等の多くの差し入れもあり、お茶会スタイルと言った感じ。流石に、自己紹介と近況報告からスタートしたのは一緒だったけど。
まだ2回目のミーティングなのに、これだけ参加者が集まり、賑やかで和気藹々と進行されるミーティングは、ハマでミーティングを行っている者としては、とても羨ましく、その手法を勉強させてもらう気持ちになる。

KDXCミーティングの時代から続いていたスタイルでは、やっぱりあかんですわ。

肝心の内容。

一番印象に残ったのが、せきやま☆あすかさんが受信したMWDX局のいくつかの受信音。夏のこの時期だというのに、中東方面のMW局の受信音にビックリした。はなぶささんによると、山陰地方のDXerが受信されているものの、太平洋側に住むDXerが受信したのは初めてじゃないか?という局の受信音もあった。

自分も対抗?して、Eスポで受信した局や、先週行った荒崎DXペディションで受信した局を流した。


ミーティング終了後、遅れて参加された2名は都合があり帰られたが、サラリーマン退職後の生活設計のために学校に通っている方を迎えて居酒屋で飲み会。ここでの話題の一つが、やっぱり、NHKBSプレミアムに出演されたOMの引退後の活動。定年退職後でも新たな目標を持って、新しい仕事にチャレンジするのは素晴らしい。

そこまでの話題は、まだ酒が進む前の段階の話だったので皆、何を話したか記憶は残るだろうが、それ以降になると、あやふやの人もいそうな気がするけど、本心なら凄いイベントの話が出ていた。

その話というのが、BCL/DXer向けの本の執筆・出版である。
執筆陣には、表紙はプロの漫画家さんが担当。執筆陣には、三才ブックスのBCL本を執筆している人を中心に、豪華な顔触れが浮かんで来る。・・・ というか、そのBCL本を書いた経験者が、この飲み会の場に2名しか居なかったのに、そんなデカイ話を持ち出して大丈夫か!?。

確かに、そこで名前が挙がっている人達は皆、自分も交流がある人達ばかりで、しかも実際に市販された本を執筆した経験者が多い。そこで名前が挙がった方々の協力さえあれば不可能じゃないけど、本気なのか!?。

せきやま☆あすかさんの構想では、来年夏にPDFで出版しようとしているらしい。
戸塚のサークルが行っていることと重複しまくりだが、やっぱり酔っ払いの戯言かな?


本心かどうかは、今日中に多分、その言いだしっぺがコメントをしてくれるでしょう?。
スポンサーサイト


コメント

  1. きのうはお忙しい中ご参加いただきありがとうございました。ぼく的には形式は違えども「賑やかで和気藹々と進行されるミーティング」はKDXCのスタイルそのものだと思っていますよ。むかし、いい思い出をたくさんいただきましたからね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2243-387d6d81
この記事へのトラックバック



最近の記事