メインPCの移行騒動記

2016年07月03日 14:34 <--クリックお願い!

ようやく、本日昼に旧PCの環境移行を完了。
メインPCの稼働を開始したので、6月23日以降中断していたブログ記事更新を再開します。

前回のブログ更新以降、ネタは溜まる一方でした。
最初のネタはやっぱり、メインPCの移行騒動記です。

今まで使用していたデスクトップPCは、CPUはCore2 Duo、メモリは4GByte、HDDは500GByteの㏋のマシン。購入当時のスペックはエントリーモデルという位置付けで、本体価格6万円台のPCだった。そのうち、HDD容量が不足したため500GByteの内臓HDDを追加。このスペックで運用していたが、やはりSDR受信機を使用してのDXペディションが本格化すると、HDD容量が不足ぎみになる。
そこで、2TByteのUSB接続外付けHDDを購入し、ベースはこのHDDに保存。解析対象とするDXペディションで記録したデータをデスクトップPCのHDDにコピーし、解析作業を行っていた。

ところが、もう一つの趣味。デジカメで撮影した写真データでもHDDを圧迫していた。どうしようかと考えていたタイミングで、マイクロソフト君が勝手にOSをWindows10に変更しちゃう暴挙!?。IEがまともに動かなくなり、推奨のEdgeでさえも、数回に1度は固まる現象が発生するようになってしまった。

でも、一番心配していたSDR受信機ELAD FDM-S2のソフトはちゃんと動いているのに…

もともと、今年中にメインPCの買い替えは計画していた。実施時期は早くて夏休みにと考えていたのだけど。

しかし、旧PCでは色々と不都合があるので、思い切って新PC購入を若干早めることにした。そこで購入したのが、人生初のショップブランド「ドスパラ」のPCである。

購入したのはMagnate MX。CPUはCore i7-6700のマシンで、ノーマルタイプでも99,980円(税別)と前機種と比べるとかなり高め。これのメインHDDは250GbyteのSSDに変更。2TByteのHDDを2本搭載させ、メインメモリも16GByteに拡張。さらには静音ファンに交換し、ブルーレイドライブも搭載させた。

今まで使用していたモニターは17インチ。折角なので、モニターも24インチワイド画面でスピーカー搭載のものを購入。なんと、3D動画再生にも対応しているモニターである。でも、メガネは付いていなかったけど、何で?。

ドスパラ新PC Magnate MX とモニター


システムの移行は先週日曜午後より開始し、終了したのは今日の午前中。
やはり、旧PCでは問題だった、IEもサクサクと動いている。はなぶささんからお話を伺っていたが、どうやら旧OSからWin10に移行したPCに発生する現象だったようだ。


ところが・・・である。
Win10に移行した旧PCでは問題無く動いていた筈の、ELADのFDM-S2のソフトで不具合が発生するようになってしまった。
最新バージョンの場合に発生する現象だが、別PCで記録したデータの再生。それと広帯域記録を開始しようとすると、アプリケーションエラーが発生し、SDR受信機のソフトが固まってしまうのである。

仕方が無く、FDM-S2を購入したさい、添付のUSBメモリーに搭載されていた旧バージョンのソフトに差し替えしてみると、広帯域記録や再生でも問題無く動いた。…なんで最新版だとコケるのだろう?

新バージョンがリリースされるまでは、旧バージョンを使用して解析作業をするしかないか。


こんな、新PCへの移行騒動だった。

P.S.
旧PCでは、メールソフトはWindows Liveメールを使用していた。ところが、このソフトはつい先日サポートが終了。マイクロソフトからはWin10搭載のメールソフトか、Outlook2016を買ってね。というメールが届いていた。

Win10搭載のメールソフトに移行作業をしてみたものの、Windows Liveメールと比べると機能は大幅に限定されてしまう。実用に耐えられないので、じゃ、Outlook2016を買おうかと思ってみたものの、ヨドバシ価格で14,410円。高けーど!

結局、新PCでもWindows Liveメールを使用することにしました。
スポンサーサイト


コメント

  1. パソコンのことはよくわかりませんが大変でしたね。お疲れさまです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2249-19e44966
この記事へのトラックバック



最近の記事