2016年久里浜ペリー祭花火大会

2016年07月17日 06:38 <--クリックお願い!

いよいよ、夏の花火大会写真撮影ウィークが始まった。ハムフェアがある8月20日まで、原則、全ての週末は花火大会の撮影を行うつもり。
そのスタートの昨夜は、お笑い芸人エグスプロージョン の「ペリー来航」を撮るために横須賀市久里浜に出掛けて・・・

んな訳あるかい!!

ペリー来航じゃなくて、久里浜ペリー祭り花火大会の写真と動画の撮影を撮るために出掛けて来ました。

昨夜は山下公園でも花火大会も開催。そのため、どちらの花火大会へ行くかで大いに悩む。
山下公園の花火は2日間行われ、各々3,000発の打ち上げ。今日も行われるのである。見に行きたいのなら、今日行けば良い訳で。
そこで、昨夜は2008年以来、実に8年振りに久里浜の花火撮影に出掛けて来た。

かつて、横須賀市津久井に住んでいた十数年前は、毎年ほぼ欠かさずに出掛けていたので、その時のイメージが大きい。
しかし、それから十数年が経過し、当時よりも1,000発程規模が大きい3,500発となり、見応えもある花火大会に変わっていた。

花火打ち上げは久里浜港の岸壁から。2008年は確か、東京湾フェリーが入出港するタイミングでは花火打ち上げを一時中断していたので、間の抜けた時間帯があったが、昨夜はその一時中断は無くなっていた。
多分、花火打ち上げ時間帯に久里浜港を発着する便を運休にする配慮があったのだろう。

そのため、花火全体に掛かる時間は前回よりも10分短縮。密度が濃い花火大会に感じる内容になっていた。


花火大会で満足な写真撮影をするためには、最前列がベストである。
久里浜の花火は半分が岸壁。もう半分が砂浜での見物になる。やはり岸壁の方が人気で、自分が到着した打ち上げ1時間前では空きスペースがある訳が無い。

という訳で、砂浜へ。理由は判らないが、波が程んど無い久里浜湾の砂浜でも、江の島など湘南海岸の砂浜と同様に波打ち際のスペースは余裕で空いていた。なので、最前列を確保して写真や動画の撮影は余裕で行うことが出来た。

確か、2008年は無かった、ワイドスターマインの打ち上げが2度ほどあった。と言っても、40分で3,500発の打ち上げなので、スターマインは3列並んだ小規模なワイドスターマインだったけど。

ラストはやっぱり冠柳菊のスターマイン。ここ数年、多くの花火大会でもコレがラストを飾っている。写真では、この花火は白飛びしてしまい絵にならない。
という訳で、ラスト6分間は動画で撮影していた。

では、写真と動画をUPします。

久里浜港の夕暮れ

2016年久里浜ペリー花火大会(4)

2016年久里浜ペリー花火大会(3)

2016年久里浜ペリー花火大会(2)

2016年久里浜ペリー花火大会(1)



今日はなんと、山下公園の花火の他、近所のお寺からも花火が打ち上がる。今日は友人が来るので、どちらへ行くかは、その友人の意向が大きく左右される。
さて、どっちだ?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2254-cd8fee39
    この記事へのトラックバック



    最近の記事