モバイル電源の再考

2016年09月18日 22:15 <--クリックお願い!

今日は未明~早朝に掛けて、三浦半島の城ヶ島、城ヶ島公園でDXペディション。
帰宅後、朝食や部屋の掃除など、家でやることやったら眠くなってしまい、昼過ぎからぐったりと。

今日はペディの記録の解析意欲が沸かず、さくっと03時台に記録した31mbを流してチェックした程度。
ペディの詳細報告は、秋分の日にでもUPします。

さて、本題。

今回で、城ヶ島でのオールナイトペディは2ヶ月連続の2度目。
意外と、気軽!?に出来るもんです。

でも、やっぱり日没時のDXもしたい。
となると、日没~日の出までのちょいペディ。城ヶ島ならワッチ場所で仮眠も出来るし、やる気になれば、やれるんじゃないか?

そのために必要なグッツを考えてみました。


12~14時間の滞在時間のうち、仮眠時間を3時間と、食事休憩に1時間。DXには8~10時間当てた場合、不足するのがノートPCとSDR受信機の電源。FLAGアンテナの電源は単3乾電池8本の電池ボックスを使用しているので、こちらは予備の乾電池が1セットあれば良いだけ。新たな準備が必要な訳では無いだろう。

問題になるのは、ノートPCの電源である。

現在、ちょいペディには外付けのモバイルバッテリーを使用している。エナジャイザーのXP18000Aという製品で、18000mAhの容量。ノートPCとELAD FDM-S2の連続使用で3.5~4時間もちます。
これに、もともと内臓されているノートPCとを含めると、6~6.5時間は使える。

このセットでのこれまでの最長モビワッチの記録が、昨年10月最終週、銚子市の君ヶ浜海浜公園で行ったDXペディション。15:50からDXを開始し、終了したのが22時過ぎ。6時間、ほぼ休憩無しにDXを行い、モバイルバッテリーとノートPCのバッテリーが切たため、DXを終了しました。

この時、体力的にはまだ余裕が十分にありましたよ。


となると、あと5時間程度はノートPCとSDR受信機へ電源供給が可能なモバイルバッテリーが欲しい。
昨日は、BCLワールドタヌタヌ掲示板でアドバイスを頂いたのを切っ掛けに、自分でも色々と調べてみて、「これだ!」という製品を見つけました。

その製品が、日本トランステクノロジーのMP31200と、MP52800。18000mAhで4時間持つのだから、52800mAhあったら、11時間は持ちそう。これ1本とノートPCのバッテリーとで1泊のぺデイは十分。

仮にモビではなく、電源が取れないようなキャンプ場での運用にも十分なスペックです。

今週の土曜日は、銚子市の君ヶ浜海浜公園か、犬吠埼灯台前の広場のどちらかでモビDXの予定。ワッチ場所から徒歩7~8分の場所に宿を確保しており、その宿は24時間出入り自由なので、眠くなって体力的にキツイかなと、感じるまでのDXをしちゃいそう。

となると、モバイルバッテリーを購入するのを急ぐ必要がある訳なんです。

明後日の仕事帰り、アキバで買ってこようかなぁ。


あと、今回は必要無いけど、今後のために寝袋も欲しい所。こちらは楽天で買おうかなと思ってます。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2284-46c6e14a
    この記事へのトラックバック



    最近の記事