秋葉原BCLミーティング

2016年10月23日 05:52 <--クリックお願い!

昨日は、せきやま☆あすか氏主催による「第3回秋葉原BCLの集い」が開催され、その集いに参加して来ました。

参加者は全8名。今回の集いでは、ハードに強く、自作受信機を持参された方が2名。自分のようなバリバリのMWDXer。NHKラジオジャパンのアナウンサー。旧・日本BCL連盟地域ミーティングチーフ経験者などバラエティーに富んだ陣容でした。

初参加の方がおられたので、自己紹介を含めての近況報告。自分は、旧・日本BCL連盟~関東DXersサークル~町田DXミーティングと日本短波クラブへと、活動拠点が移っていった様子を自己紹介で話し、近況報告では、シルバーウィークは千葉・犬吠埼、体育の日を含む3連休は宮城県気仙沼でDXペディションをして来たことを話しました。

今回の初参加者の中には、関東DXersサークルのミーティングに1、2度だったか参加された経験があるという方もいました。ならば、そこで自分は会っている筈。話を伺ってみると、それは15年程も前に、1度あっただけのこと。お互いに会った記憶はありませんでした。… 1度しか会っていないのだから、そりゃ、そうだよなぁ。

自分が提供した情報は、来年春までの関東地方でのCM局開局予定情報や、犬吠埼及び気仙沼DXペディで受信したTPDX局の中から、選択すぐりの局の受信音公開。でも、後から振り返ってみると、犬吠埼ペディでの一番の成果だった、アリゾナのKUAG(1550kHz)の情報と受信音は出したものの、気仙沼ペディで一番の成果だった、アルゼンチンのR.Nacional(870kHz)の情報と受信音を出すのをすっかり忘れてしまっていました。イカんですなぁ。

あと、次回以降、町田DXミーティングは目黒でミーティングを行うので、参加の呼び掛けもしっかりとして来ました。

自分が提供した内容以外の話は、せきやま☆あすか氏のブログに掲載されるでしょうから、そちらを参照して下さい。


2次会はかなり盛り上がり、自分がやりたいなぁ。と思っているイベントの2つが実現出来そうな見込みが出て来たことが大成果。

一つは、房総半島最南端で、海が目の前で芝生の庭もあるペンションを貸し切ってのDXペディション。来年5、6月のオセアニア中波のコンディションが良くなる時期にやりたいのだけど、貸し切りに出来ないとアンテナ架設に制約が出る可能性がある。貸し切りに必要な参加人数は最低9名。その見込みが立ちそうになったこと。これには、せきやま☆あすか氏の協力の申し出がありました。

もう一つは、旧・日本BCL連盟地域ミーティング同窓会。現在、秋葉原BCLの集いでは、東東京と奈良ミーティングチーフ経験者が参加。町田DXミーティングでは城南と千葉ミーティングチーフ経験者が参加している。また、現在、自分は城北と西東京の両ミーティングチーフ経験者と連絡が取れます。
やりたいのは、これら旧・日本BCL連盟地域ミーティングチーフ経験者が、当時の参加メンバーのうち、現在も連絡が取れる人たちを集めての、「旧・日本BCL連盟地域ミーティング合同同窓会」なのです。

とりあえず、昨日は東東京と奈良ミーティングチーフ経験者の協力が得られることになりそう。ちなみに、その奈良ミーティングチーフ経験者の方は、城南と東東京ミーティングにも参加された経歴を持つ方。

果たして、何名の旧・日本BCL連盟地域ミーティング参加経験者が集まるかは不明だけど、30人位が集まってのパーティは出来ないかなぁ。

東京地区では、旧・日本BCL連盟地域ミーティング時代から今も続いているミーティングは無いので、今年2月に名古屋で行われたNDXC40周年記念ミーティングのようなイベントは不可能ですが、「旧・日本BCL連盟地域ミーティング合同同窓会」という形なら実現出来る筈。

少なくとも、この2つのミーティングチーフ経験者の方々が乗り気になってくれたことは、大いな成果でした。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2297-2cbe8081
    この記事へのトラックバック



    最近の記事