池袋でプレ旧B連同窓会

2016年11月20日 06:36 <--クリックお願い!

11月19日の夜、池袋の居酒屋にて、旧・日本BCL連盟(旧B連)の城南、城北、千葉、仙台の4ミーティングのチーフとスタッフ経験者6名が集まり、同窓会が行われました。

自分にとっては、旧B連が解散した1983年以来に会う方や、その後の数年間だけ上京して東京の会社務めだったため、毎週のように一緒になり、何故かBCLじゃなくてボウリングで腕を磨いていた、仙台のBCLもいた、プレ旧B連同窓会。

参加者全員が50歳代。旧B連が解散した1983年当時、ミーティングチーフの年代は大学生か社会人1、2年生。年齢的には20歳前後だったけど、流石にこの年齢になると、白髪が目立つ人ばかり。時代を感じる。

これだけ長い期間も会っていないと、顔を合わせても直ぐには判らないかも?、そんな不安もあったが、そのような事も全くなく、一目会っただけで直ぐに誰かは判かった。

先ずは、自分からMDXMミーティングをしっかりと宣伝。ここ1、2年、旧B連のミーテイングチーフ経験者がミーティングに足を運んでいるので、それを強調しておきました。
それと、ついでに? 秋葉原BCLクラブのミーティングと、そのクラブと福島ミーティングチーフ経験者によるチャットも宣伝。

さて、その成果は上がるのか。

その後は、やっぱり思い出話がメイン。その題材は、当時の旧B連の会報Hz誌、関東DXersサークル(KDXC)の会報CALL SIGN。Hz誌は自分が持参し、CALL SIGNは城南ミーティングチーフが持参。Hz誌の表紙には、各ミーティングの集合写真が掲載されていた時代もあり、そこで写っていた顔を見つつも、中には自分の顔が何処に写っているのか判らないという方も。この年になると、老眼も出始めるのかなぁ。

雑談の話題でも、血圧だの、血糖値だの、そんな話も出るのは、やはり年齢も感じざるを得ないのかも。

盛り上がったのは、DXペディションの話。当時、城北ミーティングはDXペディションの開催に熱心で、年3回程のペースで行っていた。自分は城南ミーティングのスタッフでありながら、そのDXペディには何度も参加していた。

城北のチーフからは、多分、一番印象に残ったペディだったのだろう。

相模湖畔のキャンプ場で行ったペディでは、一人だけ、当時のアイドル榊原郁恵のコンサートを見に行った後に遅れて到着のため、送迎の船の運航をしてもらえず、ボートを1時間も漕いで迎えに行った城北のチーフと、迎えて貰った仙台のスタッフ。そのボートに同乗し、必死に漕いでいるのを、ただ眺めていた自分。・・・おいおい

そんな思い出話もあった。

自分にとっては、その相模湖DXペディが人生初のDXペディション。仙台ミーティングの方と始めて会ったのも、このDXペディションだった。
その数年後には、まさかボウリングの練習に毎週、一緒に通う仲になるとは思わなかったけど。

最後は記念撮影。でも、三脚とかは持参していないので、カメラを手持ちで撮影。出来栄えは・・・

うーん、と考えてしまう写り。顔出しOKの返事を頂いているので、ここではマスクをしないで載せます。

20161119池袋でBCL同窓会(2)20161119池袋でBCL同窓会(1)


来年は、旧B連の同窓会本番。やはり、これだけ間があると、当時のミーティング参加メンバーの連絡先が判らない場合が殆ど。
もし、この記事をお読みになった、旧・日本BCL連盟の地区ミーティングに参加されていた方で、来年の同窓会に参加してみようかと思われた方は、是非とも、この記事へのコメントで連絡をお願いします。ここで書かれたコメントは公開されません。

また、その同窓会は都区内のホテル宴会場を使用し、地方から参加される方や、終電を気にしないで思い出話をし続けたい方は、そのホテルに宿泊が可能にする予定です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2312-7ac4133a
    この記事へのトラックバック



    最近の記事