お寺紅葉巡り(千葉県松戸市・本土寺編)

2016年11月27日 04:15 <--クリックお願い!

昨日の昼下がりの時間帯までは、紅葉が映える晴れの良い天気。
例年なら12月1週目が一番の見頃となる東京や千葉、埼玉南部の紅葉も、今年は例年よりも早く寒さが訪れているため、今週末から見頃を迎えている。

という訳で、昨日は千葉県松戸市北小金にある本土寺と東漸寺。埼玉県新座市の平林寺へ紅葉写真を撮影しに出掛けて来ました。

先ずは、本土寺で撮影した写真をUPします。
千葉県松戸市北小金にある本土寺と東漸寺は、最寄り駅がどちらも常磐線北小金駅。本土寺は駅から北へ徒歩10分。一方の東漸寺は南へ徒歩5分。どちらも紅葉が映える場所で、ここへ訪れる際は、必ずペアで訪れている。ここを訪れたのは、2014年以来3年振りである。

先ずは、紅葉だけじゃなく、初夏の紫陽花でも有名で、Walkerplus等でも必ず紹介されるスポット、本土寺へ。

余りにも有名なスポットなので、昼近い時間に行ってしまうと混雑で、どうしても写真に人が写り込んでしまいそう。そう考え、昨日は自宅を出たのが、なんと朝6時。途中、上野駅構内で朝食を取り、本土寺には開門時間ちょうどの朝8時に到着。その時の入場者は、狙いが自分と全く同じ、カメラと三脚を担いだアマチュアカメラマンが十名前後のみ。この様な観光客が多いお寺は、混雑時は三脚の使用を自粛するのがマナー。従って、休日に行くなら、このような朝一番で行くべきなのである。

で、朝一枚目の写真は三脚を使用。久し振りに自分を録ってみた。・・・おいおい!

2016松戸・本土寺の紅葉と自分


紅葉の予想はまさにピークを迎え・・・。と思ったら期待外れ。まだ緑色の楓が結構あり、ちょっと拍子抜けだった感じも。しかし、24日に降った雪が残っている場所があり、そこには紅葉が落ちている。雪の上の紅葉。こんなアングルの写真は初めて撮影した。

2016松戸・本土寺の紅葉(6)


その後も、寺の奥に入って写真を撮り続ける。2014年にここを訪れた写真を、改めて見直してみると結局、撮っている写真のアングルは一緒だったりする。やはりそんなもんか。
本土寺での写真撮影は約1時間半。紅葉の進み具合が期待外れだった感も否めず、ここでの写真撮影は1時間半で終了。次の東漸寺へと向かった。

2016松戸・本土寺の紅葉(1)

2016松戸・本土寺の紅葉(2)

2016松戸・本土寺の紅葉(3)

2016松戸・本土寺の紅葉(4)

2016松戸・本土寺の紅葉(5)

2016松戸・本土寺の紅葉(7)

2016松戸・本土寺の紅葉(8)

2016松戸・本土寺の紅葉(9)

2016松戸・本土寺の紅葉(10)

2016松戸・本土寺の紅葉(11)

2016松戸・本土寺の紅葉(12)

2016松戸・本土寺の紅葉(13)

2016松戸・本土寺の紅葉(14)


ちなみに、ここで撮影した写真は、さほど多くは無かった紅葉が進んだ木々を選んで撮影しているので、紅葉は進んで見頃のピークだと思えてしまうでしょうね。

東漸寺の紅葉写真は、昼までにはUPします。


...お寺紅葉巡り(千葉県松戸市・東漸寺編)へ続く
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2317-7f8af117
    この記事へのトラックバック



    最近の記事