2017年のDXペディ計画

2016年12月30日 05:47 <--クリックお願い!

先週末の3連休は、今年最後のDXペディとして沖縄本島南端に近い、八重瀬町のサザンリンクスリゾートに出掛けて来た。
今年は、宿泊型DXペディは千葉県銚子市犬吠埼、同じ千葉県のいすみ市太東崎の知人の別荘。町田DXミーティング(MDXM)のペディとして神奈川県湯河原。そして、宮城県気仙沼で2回、先日の沖縄で1回の計6回行った。

日帰りのDXペディは、川崎市東扇島、横浜市海の公園、三浦市城ヶ島、横須賀市荒崎で行った。

来年はすでに、2回分の宿泊予約を完了している宿泊を伴うDXペディ。
来年のDXペディはどんな構想があるかを、ここでまとめてみる。
年明け最初のペディは、早くも1月中に行う、千葉県銚子市犬吠埼でのDXペディ。5月には、MDXMと秋葉原BCLクラブ合同のDXペディを房総半島南端に近い、南房総市の海が目の前のペンションを貸切で行う。
この2つのペディが、すでに宿泊予約が完了しているDXペディである。

南房総市のペンションでは、初めて宿舎を貸切で行うのと、夕方から23時過ぎまで、そのペンションの庭でバーベキューとDXを同時に行うという、これまで無かったタイプのDXペディ。勿論、その後は部屋に戻ってのDXも行うが、参加人数もこれまでの最大。バーベキューも延々と5時間も続くので、どんな内容になるのか、今からワクワク感で一杯である。

単独の宿泊型DXペディは、1月の犬吠埼。それと、まだ宿泊先は決めていないが、5月連休、秋の3連休と、ミーティングのDXペディを合わせると、少なくとも計4回は行うだろう。でも、あくまで、この数字は最低ライン。自分にとって馴染みの宿がある犬吠埼の場合は、来週末は天気が良いので行こうかな。そんな気軽さで行けてしまうので、突然に決めて行ってしまうかも知れない。

でも、それだけでは無い。来年も、単独のDXペディにおいては新たな場所を開拓してみたい。

一度、行ってみたいのが小笠原。でも、それには6日間の連続休暇と、その休みと船の運航ダイヤが一致する必要があるので、これが実現する可能性は余りにも小さい。
しかし、八丈島なら実現の可能性大。飛行機便もあるので、3連休時ならいつでも行けるだろう。どうせ行くなら、オセアニアDXのベストシーズンの初夏の時期がベストなので、可能性としては5月連休になるだろうか。

秋のDXペディはTPDXとなるので、こちらは今年と同じ気仙沼が最有力。それと、もう一つ、ここはどうだろうか?、と考えている宿が、青森県八戸市の種差海岸にある。目の前が、その種差海岸の芝生園地ではあるが、宿とは県道を挟んでいる。でも、その宿自体も20m四方程度の芝生の庭があるので、それで行けるのでは無いかと考えてはいるが。
もし、NGだったら、種差海岸でモビスタイルでのDXとなる。

来年の秋は11月にも3連休があるので、三陸DXペディは2度行うことになるかも。

日帰りスタイルは、定番の東扇島は2月以降、適時行う。城ヶ島は、今年は深夜~早朝ペディをメインにしたいと考えているので、深夜・早朝でも寒く無い5月~9月の期間中に2度程度。オセアニアMWDXベストシーズンの6、7月には荒崎で、こちらは夕方~夜間のペディになるだろう。

こんな、来年のDXペディ計画である。


先週末の沖縄DXペディ&観光旅行の記事は、先に日本短波クラブ(JSWC)の会報に掲載する、今年10月に行った気仙沼DXペディの受信リスト作成後にUPを開始する予定です。
ネタが余りにも豊富なので、どうまとめるか思案中。沖縄の記事は、もう少々、お待ち下さい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2327-452a54a7
    この記事へのトラックバック



    最近の記事