2016年のBCL活動を振り返り

2016年12月31日 13:24 <--クリックお願い!

2016年もあと、半日で終ります。
このブログでは、その年を振り返る記事は余り書いたことが無いのですが、今年程、激動なBCL活動だった年もそう無いことだったので、改めて振り返ってみます。

12月1日、自分が普段書き込んでいる、せきやま☆あすかさんのBCL掲示板「BCLは趣味の王様の掲示板」にて、今年をランキング形式で振り返る記事を投稿しました。

================
1位 旧・日本BCL連盟の城南・城北・千葉・仙台の各ミーティングチーフとスタッフが33年振りの再会を果たす
2位 2度の宮城県気仙沼DXペディ、12月下旬には沖縄ペディも
3位 MDXM、ミーティングをKDXCがメインで使用していた会場に移転
4位 秋葉原BCLクラブのミーティング参加
5位 ハムフェアで店番やる羽目に(笑)
================

これが、その時の投稿でした。
その記事では書き切れていない点を、改めて振り返ってみます。

●4位 秋葉原BCLクラブのミーティング参加

今年より、せきやま☆あすかさんが秋葉原で立ち上げたBCLクラブミーティング。今年、BCL各界で大活躍の方のBCLミーティングだっただけに、第1回から賑やかな内容で、しかも、自身は旧・日本BCL連盟のBCLミーティングでさえも経験が無い、現役東大生をミーティングに迎えるというすご技?をやってのけました。それ以降、今度は2名の現役高校生をミーティングに迎えるという快挙も。ちなみに、この大学生や高校生の人達の父親は、自分達より年下です。

どんなのつながりで、若い人達をミーティングに参加するようになったのか?。町田DXミーティング(MDXM)のスタッフとして活動している自分にとっては、そのノウハウを勉強させて欲しい気持ちです。

●3位 MDXM、ミーティングをKDXCがメインで使用していた会場に移転

MDXMは、設立時は町田で活動していましたが、欠点は参加者に町田市民がいないこと。かつては町田市民でなくてもミーティング会場を利用出来ていましたが、利用規則が変更されてしまい、町田市民でなけえば予約出来ないことに。その後、利用制限に引っ掛からない長津田や相模大野の会場でミーティングを開催しましたが、場所が悪く3、4名でのミーティングが続きました。

そこで、ミーティングチーフの居住地域では予約不可な横浜市関内の開港記念会館に場所を移し、会場手配は自分が行うように変更。それから2年が経過し、少しづつ参加者が増えて来ました。

この時の経験で、参加者を集めるには場所も重要な要素かと。そして、MDXMよりも経験が浅い秋葉原BCLクラブのミーティングでは、第1回目のミーティングからMDXMを上回る参加者を集めたことで、やはり都区内でミーティングを開催すべきだと改めて認識しました。

残念ながら、秋葉原周辺での公営会議室は、台東区・千代田区ともに地元在住か在勤者でなければ予約不可。
そこで目を付けたのが、目黒区の住区センター会議室。かつて関東DXersサークル(KDXC)が月例のBCLミーティングを開催していた場所ですが、当時も、参加者に目黒区民は一人もいませんでした。
にも拘わらず、一般予約なら居住地に関係なく予約が出来、しかも、今ではネットで出来てしまう。これが決めてとなり、前回11月より目黒での開催に変更。

効果は、その一回目から現れ、旧・日本BCL連盟ミーティング東東京ミーティングのチーフ経験のある方を初めて迎える成果がありました。

●2位 2度の宮城県気仙沼DXペディ、12月下旬には沖縄ペディも

今ではMWDX界では、師匠の域にある方が、TPDXを行うための常宿としている気仙沼の国民宿舎で、初めてDXぺディションを行ったのが今年3月。アンテナが張りやすく、ノイズも少ないロケーション。宿の方々も、アンテナ架設に理解があり、10月にもDXペディを実施。アルゼンチンの中波局をFBに受信することが出来ました。
沖縄DXペディは、昨年と同じ、沖縄本島最南端に近いゴルフ場を有するリゾートホテルで実施。まだ解析作業中ですが、こちらも、昨年を上回る成果が現れ始めています。

●5位 ハムフェアで店番やる羽目に(笑)
●1位 旧・日本BCL連盟の城南・城北・千葉・仙台の各ミーティングチーフとスタッフが33年振りの再会を果たす


1位と5位にランキングしたこの2つですが、実は、5位がなければ1位も実現出来ませんでした。

毎年、ハムフェア当日は日本短波クラブ(JSWC)の総会に参加しています。今年は早めに入場し、せきやま☆あすかさんのブースの手伝いをした後、午後はJSWCの総会に参加し、それを終えたら、そのまま帰宅する予定。ハムフェア当日は、鶴見川花火大会があり、それを会場そばのビルで見るのを毎年の行事としていたためです。

ところが、肝心のせきやま☆あすかさんが、急な仕事のためハムフェアに参加出来なくなり、なんと主宰者がいないという事態。土曜日午前中のみの店番を手伝うつもりだった自分は、急遽、ブースに張り付くことになってしまい、JWSC総会も前半のみ参加という事態になってしまいました。

その、予定していなかった店番をやっている時間帯に、な・なんと、旧・日本BCL連盟城北ミーティングのチーフ経験があり、かつ城南ミーティングのメンバー。しかも、関東DXersサークル(KDXC)設立メンバーでもあった方が、そのブースを訪問。自分とは二十数年振りの再会でした。

そこで懐かしい話が展開し、当時の城北ミーティングと城南ミーティング。さらには、1982~1983年当時に東東京ミーティングに集まっていた人達と一緒に、33年振りに一緒に飲みに行こうと言う話に発展。

流石に、これだけ間があると連絡先も判らず、みんなに連絡を取るという訳には行きませんでしたが、当時はBCL仲間として一緒に活動していた、城南・城北・千葉・仙台の各ミーティングチーフとスタッフが集まり、池袋での飲み会が実現出来ました。

かつて、KDXCの会報編集長をしていた、せきやま☆あすかさんの時代よりも前の時代。しかし、この時の参加メンバーは全員、KDXCのスタッフとして会報編集にも携わっていた方々です。

もし、せきやま☆あすかさんがハムフェアに来ていたら、城北ミーティングチーフ経験者との再会も無かった。それが無かったら、33年振りの再会も無かった筈です。


変な話ですが、ここは、せきやま☆あすかさんには感謝しなければなりませんね。

来年はさらに、合同DXペディション開催など、MDXMと秋葉原BCLクラブのつながりは広がるでしょう。


このブログを訪問されている皆さん、来年はこのブログの他、MDXMと秋葉原BCLクラブも宜しくお願い致します。
それでは、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2328-b35373c0
    この記事へのトラックバック



    最近の記事