DXペディに最高の宿かも

2017年01月24日 23:37 <--クリックお願い!

3月の3連休は、やっぱり今年もDXペディかな。
何処かに、DXペディ向けの良さそうな宿はないものか。

何気に楽天トラベルを見ていたら、昨年までは掲載されていなかった、「これは!」というログハウスを発見した。

場所は千葉県一宮町。九十九里の海沿いにある3棟のログハウス「エリアスガーデン」 。1棟の定員4名(エキストラベット挿入で6名まで増員可)のログハウスが20,000円(税別)が2棟。1棟の定員4名(エキストラベット挿入で7名まで増員可)のログハウス30,000円が1棟立つ。
但し、価格は定員以内の値段であって、オーバーしたらその分は上乗せされる。

部屋からは九十九里の海が見える。最寄り駅は外房線の東浪見。そこから2kmちょうどの距離なので、駅から歩いて行ける範囲内とも言える。

1棟20,000円の方は、何処にでもありそうなログハウスで、果たしてアンテナが張れるスペースがあるのか?。そんな疑問も抱くが、1棟30,000円の方は、広い芝生の中に立つログハウス。もともとは、ドックランが可能な宿をコンセプトにしたとかで、広い芝生の中に、ぽつんとログハウスが建つという構造である。

これは、普段、東扇島や城ヶ島の芝生に設置しているFLAGアンテナを、そのままこの宿内の敷地に架設出来ちゃうことを意味している。しかも、20m級のサイズのFLAGを数本張る。これまで公園でなければ出来なかったことが、1ログハウスの敷地内で完結してしまうのだ。

一人でも30,000円払えば泊まれるが、流石にそれは難しいので、3月3連休は別の宿で。

でも、定員一杯の4名いれば、1人辺り7,500円(税別)なので、ミーティング主催のペディならありだろう。
しかも、徒歩10分以内にコンビニとレストラン、そば屋もあるので、食事面も困らない。

MDXMでは、今年は5月に秋葉原BCLクラブとの合同DXペディを企画しており、このログハウス(芝生の中に立つ方)の定員をオーバーする参加者が見込まれているので無理だが、秋のTPDXベストシーズンに、MDXMとしてのDXペディを企画する。というのはどうだろうか?。

普段、秋のDXペディは三浦半島の城ヶ島か荒崎公園での日帰りペディだが、秋のペディも1泊で。
今度のミーティングで提案してみるか。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2339-4a36642b
    この記事へのトラックバック



    最近の記事