本場の河津桜見物の旅(河津桜のトンネルと番外編)

2017年03月04日 16:07 <--クリックお願い!

2月18日(土)に出掛けて来た河津桜の本場、静岡県河津町での満開の桜写真撮影と温泉、伊東でのグルメを漫喫して来た旅。

今日は、このシリーズ最後の記事、河津桜のトンネルと題した写真と、河津の観光名所である峰温泉大噴湯。
帰り道の伊東でのグルメの記事をお届けします。

河津駅より、河津川の河川敷へ向かい、そこから河口近くの東伊豆道路までの約300mと、1.5km程上流の豊泉橋のやや上流。豊泉の足湯処辺り~音蔵の桜辺りは、最も河津桜が密集して咲いているエリア。
まさしく、桜のトンネルで呼ぶにふさわしい場所でした。

2017河津桜 桜のトンネル(1)

2017河津桜 桜のトンネル(2)

2017河津桜 桜のトンネル(3)

2017河津桜 桜のトンネル(4)

2017河津桜 桜のトンネル(5)


豊泉橋からも近い、河津川の河川敷遊歩道に隣接する場所には、日帰り温泉施設「踊り子温泉会館」があります。過去、ここ河津では2泊3日のDXペディションを2度、1泊2日のDXペディションも2度行っていますが、この2泊3日のDXペディションのさいには、この「踊り子温泉会館」の湯に入りに行っています。
今回、久し振りに、この湯に入りました。前回、入ったのはいつだったか覚えていない程、昔のこと。20年程度は経過しているでしょうか。

2017 河津 伊豆踊り子温泉会館


ここでのんびりと温泉に入ったのち、峰温泉大噴湯公園へと向かいました。
ここは、100度の熱湯が、高さ30mまで拭き上がる大噴湯があります。

ここでは、写真だけじゃなく、そのお湯が吹き上がる様子を動画でも撮影しました。

2017 河津 峰温泉大噴湯(1)

2017 河津 峰温泉大噴湯(2)




ここでの動画を撮影したのち、河津川沿いの来た道を、駅の方向へ向かってUターン。もう、桜の写真撮影を終えたエリアなので、今度は腹ごしらえでもしながら帰ろうか。

そこで買い食いしたのが、さくら餅・・・じゃなくさくらたい焼き150円なり。普通、たい焼きといえば茶色というのが相場ですが、「さくら」という名前が付いている通り、ピンクのたい焼き。味は、普通のたい焼きと同じでした。・・・って、あたり前か。

2017 河津 さくらたい焼き(1)

2017 河津 さくらたい焼き(2)


また、河津には東京スカイツリーがありました。これにはビックリ。

河津町に東京スカイツリーがあった!



河津町での滞在は16時過ぎまで。
前回は、この後に下田へ行き、金目鯛の煮付けを食べた。本場の金目鯛は旨かったので、今回も是非。
でも、前回は駅前周辺では明いている店は極僅かだった記憶が。

という訳で、今回は伊東で夕食を取ることにしました。只、下田方面へ向かう電車なら余裕で座れるが、熱海方面へ向かう列車は混雑で座れない。伊東までの約1時間を立ちっぱなしも覚悟しましたたが、運よく、伊豆高原駅で3両の増結があり、そこから伊東までは着席して移動が出来ました。

伊東駅に着いて、直ぐにぐるなびをチェックし、候補の店を数店行ってみました。
結局、その中で最も評価が良い店舗だった寿司・海鮮居酒屋「入船」という店で、やっぱり伊豆の名物の金目鯛。それとサザエのつぼ焼きとビールで舌包みです。

2017伊東でのグルメ


2週間に掛けて記事を書いて来た、河津町への河津桜見物の旅の記事は、これにて終了。
染井吉野が開花し、見頃を迎える今月末まではまた、BCL中心の記事に戻ります。

今夜は、目黒でBCLミーティングの日。ミーティングに関する記事は、明日の夕方以降にUPすると思いますが、今日はMDXMとしては初めての、ミーティングへの参加者が2桁達成の可能性が高く、今から期待しています。

・・・と言いつつ、さて、実際はどうなる?

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2355-e2b0b074
    この記事へのトラックバック



    最近の記事