次のDXペディションは…

2017年03月26日 19:26 <--クリックお願い!

今、次に行うDXペディをどうしようかと、考えている。

先週の3連休中、初日は曇りぎみだったものの、雨の心配もなく、犬吠埼灯台がある広場での中波DX。
心残りだったのが、FLAGアンテナのアンテナ長を川崎の東扇島でDXをするさいと同じ8m×2mサイズに抑えてしまったこと。

犬吠埼灯台前には表の広い広場と、トイレを挟んで、狭い広場があり、広い方は観光客も沢山訪れる。
アンテナ線に足を引っ掛けたなどというような、無用なトラブルを避けるため、まず観光客が足を運ばない狭い方の広場でDXをしたため、エレメントは短い10m長2本のみを用意した。

ところが、実際に張ってみると、もっと長い方でも余裕で張れた。城ヶ島でDXをするさいに使用している、12m×3mサイズでも張れるスペースは十分にあった。
次回は、このサイズでDXをするつもり。それを何時やるか?。

日本短波クラブ(JSWC)の会報に「おっ!」と思われるようなDX局の報告をすることが、自分のワッチのモチベーションの上げるベースになっている。
そういう意味では、4月というのは中途半場なシーズン。もう、TPDXのピークは過ぎ、かと言って、オセアニアDXのシーズンにはまだ早い。

犬吠埼灯台というロケーションは、どちらのDXに対しても大きな成果が期待出来るロケーション。同様な成果を期待出来る場所に、いすみ市の太東崎灯台があるが、ここは車が無いとなかなか行けない。
犬吠埼なら、東京からの高速バスのバス停から、徒歩で僅かに6分程度で行けるという交通の便が良いこと。それが、太東崎よりも犬吠埼を選択する理由になっている。

JSWCの会報に宛てた、今回のペディの報告締め切りは4月10日と、まだまだ先である。
犬吠埼灯台前でのDXに限定しても、既に60本を超えるDX局の確認が終わっている。今回は本数が多いので、個別のページで、リスト形式で投稿することになるかな。

その次は5月10日。ゴールデンウィークを挟むので、時間はたっぷりとれる。4月はいま一つのコンディションが予想されるオセアニアDX局も、ゴールデンウィークの頃にはFBな状態になることも期待できる。

という訳で、4月の日帰りペディはお休みにして、次のペディもやっぱり犬吠埼。時期はゴールデンウィーク中の、晴天で風も穏やかな日を選択する可能性が高い。
但し、その際は日帰りとなり、DXは18時頃から2時間半のワッチとなるだろうか。

それとも、思い切って犬吠埼灯台前で徹夜でDX。朝5:54発の東京行きバスで帰って来るか。
でも、昼間は暑く感じる程の気温でも、深夜・早朝はやっぱり寒いよなぁ。

ちなみに、昨年の8月、城ヶ島で23時頃から翌朝6時までDXをした。そのさいは、昼夜逆転の生活で、夕方18時に起床し、20時半に家を出発した。
夕方のDXをしないのなら、犬吠埼行最終バスは、東京駅を20:50発。城ヶ島での経験とほぼ同じスケジュールとなる。

さて、どうするか?。
やっぱり、まだ深夜から早朝は寒いので、日没時のペディかなぁ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2363-32f6f674
    この記事へのトラックバック



    最近の記事