65th ザよこはまパレード(国際仮装行列) -写真編-

2017年05月04日 07:27 <--クリックお願い!

毎年の憲法記念日は、横浜でパレードが開催される日。
今年もまた、懲りずにパレードの写真や動画を沢山、撮って来ました。

先ずは写真編です。
今年は横浜三塔の一つ、横浜税関前が撮影場所です。

スタートは例年通りに小学生と引率先生達によるキッツパレード。このパレードの面白い所は、仮装した先生達の姿です。

2017ザ・よこはまパレード(16)


今年は5台のフロートが登場。毎年、必ずトップに登場するのも、神奈川県知事、横浜市長、横浜商工会議所会頭を乗せたフロート。民間企業のフロートのデザインは簡素化される感があったり、ひと昔に比べてフロートの数が減ったりしている中、何故か、これだけは年を追うごとに派手になっている感がある。唯一、市民の税金が投入されているだろうフロートなのに・・・。

2017ザ・よこはまパレード(3)

2017ザ・よこはまパレード(4)


極端に質素になったと感じるのは、親会社がTBSからDeNAに変わった横浜DeNAベイスターズ。TBS時代の方が、全然よかったのだけど。

2017ザ・よこはまパレード(5)


ハマの仮装行列では、中華街にある学校の生徒達や、韓国の民団系の組織、北朝鮮の総連系の中高学校。それぞれがパレードに参加している。日本在住のこの辺りの若い世代には、パレードの様子を見る限りでは、現在の政府間の対立図式は感じられない。平和なのだ。特に南北間の各々の国の政府は、この人達の間に対立を迫るような政策は止めてもらいたい。

2017ザ・よこはまパレード(2)

2017ザ・よこはまパレード(12)

2017ザ・よこはまパレード(18)


横浜の代表的な名所と言えば中華街。そのせいか?、神奈川大の女子大生がチャイナドレスを着ている。後続に大学のブラスバンドが続いた。

2017ザ・よこはまパレード(8)

2017ザ・よこはまパレード(9)


何年か前から、このパレードには、いわゆるアキバ系の女子のパレード「ヨコハマ・カワイイパーク」が加わった。トップにいたのが、JR川崎駅前で何度かストリートライブを見掛けたことがあるグループ「川崎純情小町」だったのにはビックリ。最近、これらアイドルを狙うストーカーの報道があるせいか、その横には「追い掛け禁止」のカードを持った警備員が、ほぼ10m間隔で付いていた。昨年までは見掛けなかった光景である。
このカワイイパークの前半は、この地域アイドルの人達。後半はコスプレイヤーの人達のパレードだった。

2017ザ・よこはまパレード(17)

2017ザ・よこはまパレード(21)


こちらも毎年参加する「都築太鼓」。例年、トラックに乗って太鼓を披露するだけだったのが、今年は太鼓を背負い、歩きながら太鼓を叩く人も現われた。しかも、それが女性だった。

2017ザ・よこはまパレード(1)


では、残りの写真を続けてUPします。

2017ザ・よこはまパレード(13)

2017ザ・よこはまパレード(15)

2017ザ・よこはまパレード(20)

2017ザ・よこはまパレード(11)

2017ザ・よこはまパレード(7)


動画編では各フロートや、サンバ、沖縄エイサーなどを、後にお届けします。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2374-47959aaa
    この記事へのトラックバック



    最近の記事