3クラブ合同DXペディション

2017年05月16日 21:36 <--クリックお願い!

「せきやま☆あすかさん」の掲示板で取り上げられたので、そのイベントを発案した本人のブログで触れない訳には行きません。(笑)

今月最後の週末、房総半島最南端の野島崎灯台から東に僅か4.5km。目の前が太平洋で、アンテナを張るための芝生広場もある、DXをするには「最高のロケーションかも知れない」地でのDXペディションを行う。

例年、町田DXミーテイング(MDXM)では5~6月に宿泊し、親睦の宴会や温泉での休息も兼ねたDXペディションを実施している。
一昨年は城ヶ島、昨年は伊豆の湯河原で実施した。

今回はMDXMだけじゃなく、秋葉原BCLクラブと日本短波クラブ(JSWC)でも参加者を募り、自分が企画したDXペディションとしては初めて、二桁の参加者を集め、宿もペンションを貸し切るという、過去に自分が経験したこともない大規模なDXペディになる。

残念ながら、宿に源泉からのお湯を引いている訳では無いので、沸かし湯にはなるが、5名は同時に入浴出来る浴槽を持つ露天風呂がある。しかも、そこから眺める風景は広大な太平洋。伊豆大島もくっきりと眺められる。
宿に到着後、アンテナ架設で汗をかいたのち、この露天風呂で、その汗を流してゆったりと。

18時頃からは、雨が降っていなければ屋外。雨なら全面ガラス張りの室内バーベキュー場で、バーベキューパーティを深夜23時過ぎまで、DXをしながら行うことになっている。

貸し切りでの宿泊なので、アンテナ架設も自由。だから、こんな利用方法も可能になった。

FLAGアンテナは、自分が把握しているだけでも3本は架設することになるだろう。ワイヤー系のアンテナを架設する参加者もいそうだし。

自身は、メインターゲットはオセアニアDX局と東南アジアの中波局。特に、今月開局する5045kHzと5055kHzのオーストラリア短波局は是非とも狙いたい。
中波ではトンガと米領サモア、チョークはほぼ確実に受信出来ると思う。さらにマーシャルとか、キリバスとか…
流石に、それは欲張り過ぎか?

ペディ自体は、新月の翌日に行う。南に雲が掛かっていなければ、天の川を見ることも出来る筈。
天の川の真下でDXをする可能性もある。写真的には、申し分ないアングルも撮れる。

そんな、DXペディションまで、あと11日である。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2380-38df298c
    この記事へのトラックバック



    最近の記事