南房総DXペディション会場下見の旅(観光編)

2017年05月25日 23:02 <--クリックお願い!

DXペディション会場の下見を終え、野島崎灯台と、金谷の鋸山の観光もしてきました。
今度の記事は、写真編。風景とグルメの写真をUPします。

一応、鋸山で行った、FM帯のチェック結果も。

20170522野島崎の風景(1)


当初、野島崎灯台には寄らずに、金谷の鋸山に行って、Eスポ狙いでVHFDXをするつもりでした。
ところが、手違い・・・というか勘違いで接続する館山駅行きバスに乗れず。

乗り継ぎ時間に余裕があったので、野島崎灯台の遠景をカメラに納めてから行こうと考え、海沿いへ。
館山駅行きのバスは、「野島崎灯台口」というバス停を通るので、そこから乗れば良いか。
灯台の遠景をカメラに納めた後、バス停へ。ところが・・・

そのバス停は「野島崎灯台」。ダイヤを見ると、なんと休日に1本しか走っていない。
慌てて、スマホでバス停を探すと、ここから徒歩6分程離れた場所に「野島崎灯台口」というバス停。しかし、バスが到着する時間まで、あと3分しか無い。
「やっちゃいました…」

諦めて、午前中のEスポDXは、野島崎灯台のふもとの広場のベンチでワッチしましたが、Eスポの発生は皆無。
せっかく、ここまで来たのだからと、DXは諦めて灯台周辺の散策をしました。

20170522野島崎の風景(4)

20170522野島崎の風景(5)

20170522野島崎の風景(2)


この白いベンチ。日の出と日没が見れるポイントで、天の川も良く見える。天文ファンには、とても有名な場所です。

20170522野島崎の風景(3)


その周辺の風景をカメラに納めた後、いよいよ野島崎灯台へ登ります。入場料200円を払い、チケットを購入した後、先ずは展示物がある建物へ。
灯台放送時代のベリカード展示が無いかなと期待しましたが、それが無く残念。そういえば、犬吠埼灯台でも、かつては全国の灯台放送のベリカードを展示していましたが、灯台放送が廃止された以降、その展示が撤去されてしまいました。(残念)

その後、灯台へ登り、360度周りながら、そこからの風景をカメラに納めました。

20170522野島崎灯台の風景(1)

20170522野島崎灯台の風景(2)

20170522野島崎灯台の風景(3)

20170522野島崎灯台の風景(4)

20170522野島崎灯台の風景(5)


灯台を降りると、時間は丁度、お昼時。せっかく野島崎まで来たのだからと、贅沢にもアワビ丼1,000を円パクり。でも、卵とじしていたもので、アワビが丸々一個、乗っている訳がありません。・・・そりゃ、1,000円じゃそうだよな。

昼食を終え、今度はバス停を間違えずに、「野島崎灯台口」から館山駅へ。そこから30分程で浜金谷駅に到着。駅からは、特徴のある山肌が望めます。

20170522金谷・鋸山の下からの風景


ロープウェイに乗り、鋸山の山頂へ。そこからは、風景の写真を撮りまくりました。

20170522金谷・鋸山の風景(1)

20170522金谷・鋸山の風景(2)

20170522金谷・鋸山の風景(3)

20170522金谷・鋸山の風景(4)


こんなに眺めの良い場所に来たのだから、一応、FM帯をチェックしてみるか。もし、Eスポが来ていたらラッキーと言うことで。
でも、そんなに甘くはありません。Eスポはさっぱり。

以外だったのは、静岡放送(93.9MHz)の受信状態が、自宅で受信したのとほぼ同じ信号強度。ところが、茨木放送(94.6MHz)がS9+30dBmと、ニッポン放送や文化放送、TBSラジオとの信号強度の差とが10dBm程度と少なかったこと。
さらには、90.8MHzで、ラジオ福島のAM補完局が引っ掛かっていたことは驚きでした。

目の前が東京湾で西が開けているのに、FM電波は北から来る電波の方が圧倒的に強い。不思議ですね~。

そういえば、ここから遠くに城ヶ島も臨めます。その城ヶ島ではガツンと聞こえる静岡県伊東市のCFM局も、ここ鋸山では、さっぱりかすりません。


1時間程で下山。小腹が空いて来たので、贅沢にも寿司屋で寿司とビールで一服しました。
スシローでは絶対無い、うにのてんこ盛りもオーダーしましたよ。

金谷で寿司


17時頃に食事も終わり、家路に付きました。
どう考えても、フェリーで久里浜へ行き京急線で帰った方が早く家に着く。ところが、今回の旅で使用している南房総フリーきっぷでは、当然ながらフェリーには乗れません。そのきっぷを有効活用するため、一番時間が掛かる千葉経由で帰宅。家に着いたのは20時を回っていました。

いよいよ明後日は、南房総DXペディションの本番。気持ちが高ぶります。

・・・ 南房総DXペディション会場下見の旅 終り
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2384-16bc53b6
    この記事へのトラックバック



    最近の記事