野島公園でVHFDX

2017年06月05日 04:14 <--クリックお願い!

今年はEスポが好調。だったら、FM用アンテナ+SDR受信機での日帰りペディでも成果があがるのでは無いか?

外れた場合が痛いですが、昨日は思い切って、横浜市金沢区の野島公園展望台がある、高台の広場でVHFDXをして来ました。
さて、その成果は?

野島公園の展望台広場でVHFDX
もし、Eスポが外れてしまったら、いったい何をしに来たのか判らなくなっちゃいます。
過去に、Eスポ狙いで外部用FMアンテナを持参しての日帰りペディを2回ほど実践しましたが、その2回ともEスポが発生せず、空振りに終わりました。

只し、その2回とも朝からDXをしていた訳ではなく、夕方のオープンを期待して行ったもの。
Eスポは午前中に発生する方が圧倒的に多いので、当然と云えばそれまでです。(苦笑)

なお、ポータブル機をだけを持参し、風景や紫陽花の写真撮影をする傍ら、FM帯をワッチしたらEスポが発生していて、韓国や中国のFM局を拾った経験は何度かあります。


先週末から、毎日Eスポが発生している様子。だったら、朝からワッチを行えば外れることは無いのでは?。

それを期待して、2エレのFM用アンテナと、それを取り付けるポールと、それを立てるステイ。SDR受信機+ノートパソコンをスポーツバックに詰め込み、家を出発したのが8時半を過ぎた頃。約1時間程で目的地に到着。直ぐにアンテナをセットしてワッチを開始しました。

VHFDXペディで使用したFMアンテナ


10時の時点では、韓国の木浦MBC(89.1MHz)のみが入感。しかし、それから30分も経つと、オープンはいきなり沖縄に飛び、同じ波でガツンと入ったのはAFN沖縄。ところが、さらに30分も経過すると、今度は台湾へ移動。FM帯は台湾局が並びました。

普段なら、この後に大陸へ移動し、北上するEスポですが、昨日は台湾のオープンに留まり、オンとオフを繰り返しながら、おおよそ13時を過ぎた辺りでEスポは終了です。


その後、14時まで、CFM局の入感をこの2エレのFM用アンテナでチェック。ちなみに、普段FLAGアンテナを取り付けるためのポールを利用し、おおよそ地上高3.5m辺りの位置に設置しました。

すると、入るは入る。自宅では聞こえない大磯の湘南マジックウェーブもガッツリ。鎌倉FMも当然、聞こえます。
ざっとチェックした所、なんと入感したCFM局は20局程にも及びます。

では、受信動画を公開します。

●89.1MHz 木浦文化放送 韓国



●89.1MHz AFN沖縄 日本



●92 3MHz 宜蘭郷親熱線広播電台



●97.7MHz 台湾声音広播電台(推定)



●100.1MHz ICRT台中




今度の週末は、JSWCの投稿締め切りがあるし、JVUDXCへの投稿原稿も書かなくちゃならない。それ以前に、未解析のEスポ受信のデータも溜まっている。

でも、今がEスポのピークだし、聞こえるうちに聞いておかないと…。
という訳で、心は何処でEスポのDXをやろうかと思案中だったりして。暑い日差しを受けながらの受信はキツイので、高台で、日陰で受信出来るとこ。という訳で、頭は湘南・二宮の吾妻山公園の東屋が最有力で、次点は城ヶ島の城ヶ島公園。

でも、出来れば9時DXスタートしたいので、どちらも、7時前に家を出なくちゃならない。うーん、どうしよう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2390-6f01730c
    この記事へのトラックバック



    最近の記事