横浜 スパークリングトワイライト花火

2017年07月16日 04:14 <--クリックお願い!

昨夜は、横浜と久里浜で花火大会。
家を出るまで、どちらに行こうか悩んだ結果、今年は横浜の花火に決定。
山下公園は混雑を懸念し、空いているだろうと予想して臨港パークで花火の撮影を行いました。

昨年の横浜スパークリングトワイライト花火は、2日目の日曜日に同じ臨港パークで撮影。土曜日は久里浜の花火撮影に出掛けてました。
しかし、今年は日曜日が目黒でBCLミーティング。2次会を欠席すれば行けない訳では無いけど、花火はこれから、8月第3週の週末まで毎週続く。それに、山下公園の花火は規模が小さい。という訳で、明日は2次会の参加を優先。久里浜の花火は、昨年行っているし、今年はまぁ、行かなくても良いか。
と判断して、結局は山下公園の花火を臨港パークから撮影しました。

山下公園前海上の花火打ち上げ地点から、臨港パークまでは約1.8kmの距離。花火自体は3、4号玉の小粒が多く、この程度の花火をこれだけ離れた場所から見ると、迫力もなんにも感じません。
尺玉連発があれば、かなり違った感覚になるのだろうけど、出来上がった写真の結果は、やはり寂しいものになってしまいました。

花火を見に来た観客もとても少ない。打ち上げが始まっても、最前列でさえ空白が目立つ状態。
ここから見る花火は、余りにも小さく迫力を感じないためでしょうか?。

でも、かつて横浜国際花火大会として開催されていた頃は、17時前には到着しないと、最前列の確保は無理でした。
今は、トータルの打ち上げ数は当時と変わらないけど、2日間に分けてしまったため、体感上は半分。しかも、花火も小粒になってしまった感もあります。

それでも、望遠を駆使すれば、スターマインの写真だけは見せられる絵になる。
という訳で、その写真3枚をUPします。

2017横浜スパークリング花火(1)

2017横浜スパークリング花火(2)

2017横浜スパークリング花火(3)


明日は、湯河原で花火大会。こちらも、昨日の山下公園前の花火と同じ、30分間のみの打ち上げ時間。しかし、打ち上げ総数は倍の6.000発。しかも、大玉の尺玉打ち上げもあります。打ち上げ位置の目の前でも、開始ギリギリに行っても撮影場所の確保は容易だし。

実際に行くかどうかは、明日の昼の天気予報を見てから決めるけど、ここ数日、各地でゲリラ豪雨が降っている様子なので、ちょっと不安だったりする。

さて、どうなるでしょう?。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2406-fb0aae62
    この記事へのトラックバック



    最近の記事