2017年 足立の花火大会(写真編)

2017年07月23日 20:41 <--クリックお願い!

昨日、東京都足立区の荒川河川敷で行われた「足立の花火大会」。
今朝、動画編をお届けしたので、今夜は写真編のお届けです。

2017年 足立の花火大会(2)


今回の花火大会は、2本のカメラを持参。
一つは写真撮影用、もう一つは動画撮影用にするためで、写真撮影用に富士フィルムのFinePixS9100。HD高画質動画が撮れるCanonのPowerShotG5Xを動画撮影用に使用するつもりでした。

しかし、足立の花火大会の場合、観覧スペースに三脚を2台も置ける程のスペース確保は無理。そんなことをしたら、周りから注意されてしまうのは目に見えてます。また、三脚の高さも、後ろで花火を見ている人の邪魔にならないような高さに抑えるのがマナーです。

という訳で、前半はFinePixS9100を使用して写真を撮り始めたのですが、撮影開始後、僅か十数分でバッテリー切れ。前日に充電したので、予備は持って来ませんでした。この原因は、花火開始前にいろいろとカメラをいじっていたので、その間に予想以上に電池を消耗してしまっていたためでした。

予定よりも20分程も早いですが、カメラをPowerShotG5Xに切り替え。前回の湯河原花火大会のミスを防止するため、マニュアルモードでバルブ撮影。ISO125でフォーカスは無限大の設定を、ユーザカスタマイズモードに覚え込ませていました。

これで写真撮影は出来たのですが、当初予定では、PowerShotG5Xは動画撮影用にと考えていたため、リモコンを持って来ていませんでした。直接、シャッターボタンを手で押すしかなかったため、ブレが心配。

でも、実際に撮影された写真を見ると、その心配したブレは全くなくほっとしました。

オープニングでは、てっきりナイアガラに使用されると思っていた2台のクレーン車ですが、こんな花火に使用されていました。

2017年 足立の花火大会の開始


写真の方は2つに分けてUPします。
FinePixS9100は、28mmからの撮影だったため、今回のような接近した場所からの撮影では、花火の一部しか撮れないケースが多発しますが、PowerShotG5Xは24mmから撮影が可能です。

■FinePixS9100 での花火撮影

2017年 足立の花火大会(4)

2017年 足立の花火大会(5)

2017年 足立の花火大会(6)

2017年 足立の花火大会(7)

2017年 足立の花火大会(8)

■PowerShotG5X での花火撮影

2017年 足立の花火大会(9)

2017年 足立の花火大会(10)

2017年 足立の花火大会(13)

2017年 足立の花火大会(14)

2017年 足立の花火大会(15)

2017年 足立の花火大会(16)

2017年 足立の花火大会(12)

2017年 足立の花火大会(17)


来週末は隅田川と立川がありますが、隅田川で写真撮影場所の確保は至難の業。立川は、過去に行ったことがあるけど、昭和記念公園は木々が花火の視界を邪魔するため、花火の根本が撮れない。なので、もう何年も行っていません。それに、打ち上げ本数も5000本と少な目だし。

それと、まだ今月は全くDXをしていないので、JSWCに投稿するネタがゼロ。
という訳で、DXをしに、何処かへ行く予定です。

今は天の川を見るには、一年で一番良い季節。今度の土曜日は、月が23時半頃に沈むので、それ以降は絶好の天の川観察のチャンス。

当日の天候次第ですが、犬吠崎で深夜・早朝ペディを考えています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2411-30445898
    この記事へのトラックバック



    最近の記事