EDXC conference 2017に参加!?

2017年08月21日 06:35 <--クリックお願い!

現地時間の一昨日から昨日に掛け、フィンランドのタンペレにて、EDXC conference 2017が開催され、ヨーロッパ各地の著名なDXerが集まりました。

このフォーラムに、なんと参加をさせて頂きました…ん、マジ!?
フィンランドと云えば、著名なMWDXerであるMr.Mika Mäkeläinenがいます。
自分のMWDX成果発表が、彼にどのように受け取ってもらえたのかが、とても気になります。

当然ながら、一昨日の土曜日は、夜に横浜で花火見物をしたので、フィンランドにいた訳がありません。
では、この記事の参加!? とは、どのような意味だったのでしょう。

EDXC2017のHPに、今回のセミナーの概要が掲載されています。それを読めば判りますが、セミナーの講師の一人に、ある日本人DXerがいます。
その日本人DXerが、ヨーロッパのMWDXer達より日本でのMWDXに関する講演を依頼され、その講演を行う方より、講演で使用する資料作成をお願いされました。

その資料とは、ここ数年間の自分の各ペディ地でのMWDX受信成果をまとめたもの。さらには受信音声も含みます。
その資料には自分の名前やHP、YouTubeのURLも記載しています。あくまで自分の名前だけですが、ヨーロッパの著名DXer達に広まることになる訳です。

それを、EDXCのセミナーに講師として参加した日本人DXerが発表した。と云う訳です。

ヨーロッパではMWDXに於ける環境が全然違います。なんせ、国内に中波局が無い国がざらにあるので、昼間は中波では何も聞こえません。夜になってようやく、僅かにMW局が残っているヨーロッパ地域の局や、北アフリカの局が聞こえるという状況です。

ようするに、MWで何かが聞こえたら、それはもうDX局しか無い。という環境の国が多いのです。
そんな、MWDXに於いては日本よりも遥かに好条件の地域に住んでいる方々に対して、MWDXの講演を行う訳で、そりゃ、心臓バクバクもんです。
なので、発表自体はセミナーの講演に慣れている方が行う訳です。

近いうちに、自分のYouTubeチャンネルにコメントが寄せられるかも知れません。今、それを期待して待っている。という訳。

でも、そのフィンランドには世界的に著名なMWDXer、Mr.Mika Mäkeläinenがおり、しかも北京在任していた期間もある。日本に来日した経験もある方です。
その人の目の前でMWDXの成果を、代理の方を通してとは云え発表する訳で。

今頃は、そのフォーラムが終わった頃でしょう。

んー、やっぱり反応が気になるなぁ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2420-1bab869c
    この記事へのトラックバック



    最近の記事