ハムフェア記事訂正

2017年09月04日 12:12 <--クリックお願い!

今更ですが、昨年のハムフェア記事の訂正です。

昨年、以下のような記事を書きました。

=========================

最後は、関東DXersサークル(KDXC)時代からの友人が代表をつとめる、A-4マニアックスのブースへ。

以前は複数の中華BCLラジオメーカーの製品を販売していたが、今では中国でさえ、BCLラジオメーカーはTECSUNのみになってしまった。
これでは商売にならないと感じたのだろうか。ハム向けにQSL印刷や、BCL的にはなんと、ログブックの販売も始めていた。QSLのデザイン制作も手掛け、プロカメラマンの派遣もしているとか。
本格的だなぁ。

2016ハムフェア(9)


=========================

もともと、A4マニアックスの本業は、QSLカードの製作、撮影、印刷を請け負うことで、中華ラジオの販売の方が、補完的な業務とのことでした。

誤った記事を発信して申し訳ありません。

アマチュア無線局用のQSLカードの印刷を請け負っており、ハムフェアでは、1,000枚で6,000円(レポート面印刷無し)、6,800円(レポート面印刷在り)でQSLカード印刷を受付していました。

通販では、こちらのHPで受付を行っています。


昨日、自分がいたBCL関係のブースに、旧・日本BCL連盟城北ミーティングのチーフだった方が訪れ、A4マニアックスを案内しました。チーフだった方は、学生時代からハムもやっている方。そして、BCLサークルの関東DXersサークル(KDXC)の創立時のスタッフの一人だった方です。

そして、A4アニマックスの代表は、2000年代にKDXCのスタッフだった方。1980年代のKDXCスタッフと、2000年代のKDXCスタッフの対面も実現しました。

今年のハムフェアは、このように懐かしい再会のケースが多数実現しました。
いずれ、ハムフェアのまとめ記事で、その場面を含めた記事にしたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2422-40141ace
    この記事へのトラックバック



    最近の記事