秋葉原でBCLのお茶会と同窓会

2017年11月19日 18:36 <--クリックお願い!

昨日の夕方から、秋葉原でベテランBCLが集まってのお茶会。夜は居酒屋の個室で、旧・日本BCL連盟のミーテイングチーフとスタッフ経験者が集まり、飲み会を開催。

この2つのイベントに参加して来ました。

この2つのイベントは関連がなく、各々、参加メンバーが各々異なります。
双方に関係があったのは、自分ともう一人の方のみでした。

夕方のお茶会は、月刊短波誌のアドバイサーを務めた経験がある林OMと、同じく月刊短波誌のアドバイサーを務め、現在はJSWCの会報及びWeb上で公開している「月刊短波」を執筆されている赤林OMが中心。飲み会の方は、旧・日本BCL連盟の東京都区内の3ミーティング(城南、城北、東東京)のミーティングチーフ及びミーティングスタッフを務めていた経験があるBCLが集まった、いわば同窓会的なもの。

先に行われたBCLお茶会は定期的に開催されており、参加するのは自身3度目。但し、この集まり自体は、1970年代のBCLブームの頃に、当時の月刊短波誌やDX年鑑の執筆をされていたOM。及び旧・日本BCL連盟の都内、千葉、埼玉のミーティングチーフとスタッフが、毎月一回、秋葉原のBCLをよく知る方がマスターをしていた喫茶店「音キチクラブ」に集まっていたのが起源で、その当時は何度か、自分も参加している。

でも当時、自分は城南ミーティングのスタッフではあったものの、まだ若造の高校生。DX年鑑のゲラ版をチェックして編集会議のようなこともしていたので、判らないことも沢山あった。

昨日のお茶会では、先日、アメリカであった日食観察と、それに伴う中波放送オープンの変化をモニターしてきた方の報告が一番の話題。自分は、つい先日、ELADがFDM-S3を発表した話題を提供した。

ちなみに、今度の機種FDM-S3は、FM帯を24MHzの帯域幅で一気に記録出来るとか。これだけの帯域幅があればEs発生時のFM帯記録も十分だ。しかし、現状は6MHz帯域幅で記録すると、2Gbyteで50秒ほどしか録れない。とすると、今度は僅か12.5秒で2Gbyteのファイルを作成してしまうことになる。これはキツイ。

実際に、これだけのHDDを消費してしまうのか。タブレットで、欧州のDXクラブのサイトをチェックしてみたが、その辺りの情報は得られなかった。


18時30分からは居酒屋の個室で飲み会。先週、お茶会に参加される方にも、飲み会の方にもお誘いをしていたが、声を掛けたのが先週と直前だったため、都合が付かず。

結局は、当初予定していた旧・日本BCL連盟のミーティングチーフとスタッフ経験者のみ。しかも、急遽、今週末は海外出張になってしまった千葉ミーティングチーフ経験者や、ご家族の都合で参加出来無くなってしまった、西東京ミーティングに参加されていた方など。

参加者が直前に減ってしまう事態も発生し、結局はこじんまりと4名のBCLでの飲み会となってしまった。

とは言っても、昔はBCLミーティングという場所で、中心メンバーとして活躍していた同士。主にミーティング主催のDXペディの思い出や、当時、東京地区のBCLミーティングには、YLが複数名参加しており、何故だか、その時の思い出話などでも盛り上がった。

居酒屋では、2時間半の飲み放題コースだった。ラストオーダーの品物が届いて、あと数分で店を出ようかと思った瞬間、店がある10F建てビル全館に、けたたましく火災報知器の警報が鳴り響き、5Fから出火との自動アナウンスが鳴り響いた。
自分達がいた店は、最上階の10Fにある店。緊張が走る。

直ぐに警備会社が急行したようで、その警報が鳴った1、2分後には誤報であったとのアナウンスが流れほっと。
清算を済ませ、今度は3次会。階下のガストでお茶をして、23時頃に解散となった。


今週末は飛び石連休。久し振りにイベントが無い週末だ。間の金曜日を休んで宿泊してのDXペディに行きたい所だけど、無理だよなぁ。
でも、休みの日はしっかり休めるので、今度の土曜日は、久し振りに日帰りのDXペディのつもり。何処でやろうか。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2440-05699f70
    この記事へのトラックバック



    最近の記事