銚子・君ヶ浜でDX

2017年12月02日 07:36 <--クリックお願い!

11月25日(土)、千葉県銚子市の君ヶ浜海浜公園で、日帰りのDXペディションをしに行って来ました。

201711君ヶ浜でDX

君ヶ浜でDXをするのは、灯台放送が廃止された以降は初。前回、君ヶ浜でDXをしたのは2015年10月のこと。この時は、すぐ近くのペンションに宿泊したので、TP2次伝搬のピークである22時の正時を過ぎてから部屋へ戻りましたが、今回はあくまで日帰り。21:23発の東京駅行き高速バスに間に合う時間にワッチは終了です。

11月下旬からの半月間は、一年で最も日の入り時刻が早い時期。銚子市の場合は16:25前後が日の入り時刻。そのため、TPDX局のf/inも一年で最も早い時期でもあるので、今回のペディは13:50に君ヶ浜に到着。15時の正時にはワッチを開始しました。

日没時間まで、まだ1時間半も前。東京湾ならTPDX局が聞こえる時刻ではありませんが、やはり銚子は違う。おおよそ1000kHzより上の周波数では、所々の波でTPDX局の信号が届いており、ざっくりと1090、1100、1120、1170、1300…1700kHzと、常連局のチャンネルを合わせてみると、しっかりと音になって聞こえる波がいくつもありました。

けど、やはり信号は弱めで、信号が強めのESPN1700でもS7程度まで。結局、15時は中波では無く、短波でV.O.Nigeria(7255kHz)の放送開始時流れる、タムタムのISを聞いていました。

その後は、16、17、18、20時は毎正時に中波を丸録り。日没時刻とほぼ重なる16時半にも中波を丸録りしました。
今回は短波のLADX局も狙ってみようか。19時には60mbを丸録りしました。

先月の気仙沼でのDXペディもそうでしたが、TPDX一次伝搬の時間帯はカナダやアラスカ局の信号が弱く、アラスカ局に至っては850kHzのKICYさえ音にならない信号レベルの状態でした。今回の一次伝搬の状況も、先月程の悪さではありませんが、やはりカナダやアラスカ局の信号は弱い。

当初、今回のペディは、東京駅行きの高速バスは最終一本前で帰る予定にしていたため、ワッチは19:20がタイムリミット。19時にペルーのR.Tarma(4774.9kHz)を聞いた後、最後のあがきと中波ワッチに戻ってみた所、思っていたよりもアラスカ局の信号が上向いている。また、EXバンドの各局も18時までの時点よりも信号が強い。

「帰る時間を遅らせて、最終バスで帰ろうか・・・」

しかし、最終バスの場合、東京駅前到着時刻は0:06。バス降り場は東京駅八重洲口前のロータリーを渡った先なので、JR線への乗り換え時間に7~8分は必要。横浜へ帰る最終電車までの余裕は15分前後しかない。高速バスの場合、15分前後の遅れはよくあることなので、これが足かせとなります。

けど、時間が経つ毎にコンディションが上向きになって来ているのは明らかだったので、思い切って最終バスで帰ることに決め、20時の正時は中波丸録り。最終バスで帰るならまだ若干の余裕もあるので、その後に短波の60mbを丸録りし、帰宅の途に。

結局、懸念していた高速バスは順調に走り、終点の東京駅前には、なんと定刻時刻よりも10分も早い23:56に到着。お陰で、終電の2本前の電車で帰ることが出来ました。


翌日曜日は、その解析に専念。…の筈でしたが、親戚に不幸があり、急遽、その葬儀に参列。解析に掛ける時間が余り取れていません。

そんな中での大きな成果だったのが、狸王さんの掲示板に、DFSさんがUPしたペルーのR.Huanta 2000が、新周波数4764KHzで復活したというニュース。その掲示板は週明けの今週火曜日にUPされていましたが、自分は先週土曜日に60mb丸録りをしているので、もしかしたら記録されているかも。

で、その結果はバッチリと記録されていました。

その受信動画はYouTubeにUP済です。
久し振りにFBに受信出来た、1380kHzのKRKOの受信動画とともに紹介します。








さて、今日は秋葉原BCLクラブのミーティングと忘年会。忘年会は参加者数23名と、BCLの飲み会としては、昨年2月のNDXC40周年記念ミーティングに次ぐ大所帯。楽しみです。

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2441-367e1375
    この記事へのトラックバック



    最近の記事