目黒では最後の?BCLミーティング

2018年01月21日 21:30 <--クリックお願い!

今日は、目黒の田道住区センター三田分室で、町田DXミーティング(MDXM)のBCLミーティングが開催されました。
次回から横浜市中区野毛でのミーティングに移行するため、もしかしたら、目黒でのミーティングは最後になるかも知れません。

昨日までに、インフルエンザと風邪により2名の常連メンバーより欠席の連絡がありました。そのうちの1人は、いつも地方へ出掛け、コミュニティ放送や民放TV局の放送開始時の映像や音を録っている。おそらく、彼を上回る国内放送関係の情報を得ている人は居ない。そんなアクティブなメンバーの欠席は痛く、普段は情報交換の3割程度を占める、国内放送関係の情報は少な目。目を引いたのは、八王子のコミュニティFMがベリカードの返信業務を開始した情報。そのベリの回覧でした。

常連2名の欠席で、しかも常連のみの参加だったため、参加者6名のみという、ここ数年では最も少ない参加者数。しかし、内容はいつも以上に濃い内容でした。

今回は、プロジェクターを持参して情報提供をしてくれたメンバーがいました。TPDX局の受信音や、かつて自身が受信したり返信を得たりしたDX局の受信動画と、ベリカード画像をプロジェクターで上映して公開。

毎回、海外出張での成果を発表してくれるメンバーは、今回はモンゴルのウランバートルで受信したFM局の受信音とともに、現地で受信したFM局リストを公開。ビックリしましたが、ウランバートル市内では30局を超えるFM局が聞こえたとか。FM局がこんなにあることに驚きです。
しかも、日本語を理解する現地モンゴル人が局名を聞き取ってくれ英語版リストを起こすのに協力してくれたそうで、かなり精度の高いリストになりました。
そのリストは、来週以降に町田DXミーティング(MDXM)のHPにUPするつもりです。

自分は、やはり沖縄・伊計島でのDXペディの成果を、プロジェクターを使用して公開。ペディ会場やその周りの風景、ワッチしている様子の写真。また、受信音はSDR受信機で再生している様子を映し出し、まさに3月から予定していたミーティングスタイルが、今日のミーティングで実現出来てしまった。
という訳です。

但し、今回は白板に映像を写したので画面サイズは小さめ。3月からのミーテイング会場では60~80インチサイズの大画面を使うので、映像の迫力という面では大きく異なると思います。


こんな感じの、今回のミーティングでした。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2458-c461923a
    この記事へのトラックバック



    最近の記事