沖縄・伊計島DXペディション記(その3・DX成果編2日目夕方~3日目)

2018年02月04日 04:38 <--クリックお願い!

沖縄・伊計島でのDXペディション記。受信リストを除くと、この記事が最後の記事になります。

2日目はほぼ終日雨模様。時折、傘は差さなくても大丈夫な程度の雨の時間帯もありましたが、この空模様ではビーチを散歩する気力も出ず、外出したのはログハウスに隣接するレストランで、タコライスの昼食を取りに出掛けただけ。せっかくの珊瑚の海を目の前にしながら、なんか勿体無いですね~。

2日目は、いよいよBCLチャット仲間のそねっとさんと合流します。チャットでは何度か会話しているものの、会うのは初めて。初めて会う方と、いきなり宿泊を伴うDXペディションです。こんな経験は、30歳代の千葉県蓮沼のDXペディ以来です。

そねっとさんは沖縄に住むBCLで、ハムもやっている方。アンテナには結構詳しい方のようです。
自宅から車で来られたので、差し入れがもの凄い。沖縄でしかない食材や飲み物を大量に。若い頃ならいざ知らず、50歳代の中年オヤジでは、こんなに食べたらインスリン注射が不可欠な体になってしまう?…オイオイ
とってもフレンドリーな方でした。


2日目夕方のワッチも、17、18時は東南東向けでワッチ。しかし、オセアニア方面の成果は初日と同じ。成果があったのは、皮肉にもフィリピン局でした。国営PBS系列のDXMR(1170kHz)で、放送終了が17時というDayTime局です。沖縄の日没よりも1時間近くも早く放送終了する局なので、本州での受信は不可能です。但し、IDは同系列のDXJSをアナウンス。中継しているのかとは思いますが、この局の周波数は837kHzなのに、周波数アナウンスは1170kHzを言っています。何か、変ですね~。

それ以前に、フィリピン中波局にも北米のようにDayTime局があるんですね。今回、改めて認識出来ました。

●1170kHz DXMR Zamboanga City(IDはDXJS Radyo ng Bayan)



その後、またまた雨風が強くなって来たので、ワッチはしばし休息。そねっとさんと酒をくみ交わしました。

沖縄・伊計島DXペディにて(2)

沖縄・伊計島DXペディにて(1)


毎週日曜日の21時からは、そねっとさんと知り合う切っ掛けとなった、BCLチャットが始まります。
福島県在住のBCLがホスト役を務め、全国各地のBCLとのオンライントーク。やっぱり50歳代のオッサンの参加が主ですが、中には現役高校生も参加しています。

そのチャットのBGMにするのが、KTWRフレンドシップラジオ。このチャット会が行われているのは、KTWRの2人のパーソナリティ、「ちゃっきー」さんと「谷さん」も良く知っているKTWR公認?のチャット会です。

この時に流れた番組は、自分達世代には懐かしいアニメソング特集。海外日本語放送局から、タイガーマスクのテーマ曲が流れちゃいました。でも、このチャットに参加している高校生BCLはちんぷんかんぷんの曲が続いたようで、「お父さんから知っていると思うので、聞いてみたら」とアドバイスしておきました…オイオイ

このチャット会終了後、自分は仮眠を取り、日付が変わる0時より再びDX。そねっとさんは入れ替わりで就寝です。

月曜早朝のワッチなので、力も入ります。

自分にとっての大きな成果は、カンボジアのNR of Kampuchea-Phnom Penh(918kHz)の初受信。また、インドのAIR-Jalandhar(873kHz)の放送終了時が受信出来ました。

●918kHz NR of Kampuchea-Phnom Penh


●873kHz AIR--Jalandhar


それ以外の局というと、やっぱりフィリピン局が殆ど。受信出来た局も、前回の沖縄DXペディでも受信出来た局のみで、自身が初受信となるような局は見つかっていません。

ところが…です。

先日、せきやま☆あすかさんのブログ記事で、アフリカのVOAのサントーメプリンシベ中継を1530kHzで受信した音をYouTubeにUpしているのを知り、群馬で聞こえるなら沖縄聞こえない筈が無い。と思いチェックしてみた所、しっかりと毎度のVOAの英語のIDとヤンキードゥードゥルが聞けました。

05時はフィリピン局の多くが放送開始する時間。その時間までは粘ってワッチしましたが、どうにも眠たくなり、しかも再び風雨が強くなったためワッチ終了。7時過ぎまで寝ていました。


7時過ぎに起床し朝食。アンテナの撤収や梱包を終え、チェックアウト時間ぎりぎりの10時直前に出発。

チェックアウト時、このログハウスの予約は何ヶ月前から宿泊予約を受け付けているかを確認しておきました。
すると、1年も前から予約可能との返事。今回宿泊したログハウスは5棟が並んで建っていますが、そのうち最も入口から奥のログハウスは、とても広い芝生の庭があり、20m級TDFが数本、余裕で張れるスペースがある。その建物で11月の3連休時に宿泊する場合、いつまでに予約をすれば確実に確保可能かを確認すると、なんと2月中との返事でした。

これは、2月のAKBミーティングで参加希望者を聞いておく必要がありそうです。


帰りは、そねっとさんの車で那覇空港まで送って頂き、昼過ぎのANA機で帰宅の途に着きました。

今回のペディでは、特に3日目は風雨の強い状態が続き、そねっとさんには助けて頂きました。
ここを借りて、お礼を申し上げます。お世話になりまして、ありがとうございました。


最後の記事は、勿論、受信リストです。でも、解析はまだまだ道半ば。

さて、いつ公表出来るでしょうか?。
JSWCの会報に掲載するので、余り遅くなっては行けないので、期限を切るしかないかも。

次の大きなDXペディはG.W.休暇中。沖縄、八重山諸島の竹富島でのDXペディションです。その前にはリスト発表を終える必要がありますね。


<2月4日(日) 19:10 追記>
今日の午後は、深夜帯の記録をメインに解析。短波では5985kHz等でお馴染みのMyanma Radioが、中波で受信出来ていました。
放送終了時の英語アナウンスとミャンマー国歌演奏の部分をYouTubeにUpしましたので、ブログ記事に貼り付けます。

スポンサーサイト





コメント

  1. そねっと21 | URL | EBUSheBA

    こちらこそ お世話になりました。

    差し入れと空港まで見送りした以外 特にお役に立てませんで (汗)
    さらに数日滞在されると勘違いしていたので、外国製のお菓子やら飲み物(知る人ぞ知るルートビア)などを持参しましたが、甘いものがダメとは露知らず 失礼いたしました。
    アマ無線は昔VHFをやっていただけです。
    しかし 低フロアノイズにはびっくりしました。ループ系アンテナという事も一因でしょうね。
    本格的なペディは初体験なので、大変勉強になりました。
    何が有ればいいのか見当がつかなかったので、手持ちの道具などを持っていったらみかん箱2つ分ほど 笑
    天候が良ければ私も短波のアンテナ上げたのですが・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2461-3b977b25
この記事へのトラックバック



最近の記事