期待が膨らむ竹富島旅行

2018年04月15日 16:38 <--クリックお願い!

検索サイトで竹富島の旅行記を見つけて読んでみたり、YouTubeで動画を見ていると、DXは程々にして島を漫喫したいという気持ちが高ぶって来ました。…オイオイ(笑)

竹富島 コンドイビーチ(1)
この写真は、宿泊する竹富島のホテルから徒歩10分のコンドイビーチです。
フリー素材のぱくたそよりお借りしました。

宿泊するホテルはホテルピースアイランド竹富島。全室がコテージ形式で、値段も1泊22,000円程もする贅沢なホテル。
ダブルベットが2つある間取りで2食付きなので、その値段も当然かも。自分が過去、宿泊した国内のホテルでは間違い無く最高額です。
裏庭に出るバルコニーにはハンモックがぶら下げられており、そこで満天の星空が見れそう。この宿は晴れで星が見える状況の場合、21時~21時半は全館消灯して星空観察タイムがあるそうです。ちなみに、八重山諸島で南十字星が見れるのは、ゴールデンウィーク明けまでと書かれたページも見つけました。ギリギリで、シーズンにも間に合いました。

また、夜はフクロウが宿の庭に現れるとか。しかも、人になつくようで、ホテルでは観察する時間も設けています。餌やりタイムなのかも?。

このホテル名で検索すると、このホテルに宿泊した方々のブログが多数見つかりました。
星空やフクロウ観察タイムがあるのは、そのブログ記事で知りました。そのブログ記事の写真で、裏庭はFLAGアンテナが張れる十分なスペースがあることも確認出来ました。


絶景の夕陽で有名な、国の登録有形文化財の西残橋まで徒歩4分の近さ。その桟橋で撮影したというクマノミが泳いでいる動画も見つけました。
石垣島からの船が到着する前、桟橋に程んど人がいない朝7時台が狙い目らしいです。朝食前に散歩で行くのが良さそう。


ホテルは宿泊客に自転車を貸しているので、2日目はこれで島巡り。でも、小さい島なので、3時間もあれば周りきれるとか。
そこで、水中を観察出来るグラスボートへ乗船し、珊瑚礁と熱帯魚の写真撮影。それと、ここ竹富島でなきゃ経験出来ない、三線の生演奏をする人を乗せた牛車に乗って、島巡り。この2つは是非、経験してみたいと思います。

ちょうど2週間後の今頃、それを経験している時間帯だと思いますが、それには雨が降っていないことが前提。
当日は快晴でいてくれ!

竹富島 シーサ

竹富島 牛車
この2枚の写真は、フリー素材の石垣島海辺COMよりお借りしました。

スポンサーサイト





コメント

  1. そねっと21 | URL | E6kBkVdo

    竹富島の梅雨

    沖縄の梅雨(入梅)は内地よりかなり早いです。
    一応 5月下旬からという事ですが、5月ともなれば天気はかなり夏に近くなります。
    そうすると スコールの様な急な雨というのも良くあります。大概は暫くすると止みます。
    天気予想サイトの雨雲レーダーや雨予想を絶えず参照した方が良いかも。
    梅雨前が沖縄旅行のベストシーズンと私は考えています。台風は少ないし 雨もそう多くはない。
    真夏程 日差しも強くありませんし(真夏の直射日光は殺人的。毎年 油断した観光客が、夜 救急車のお世話になる事もしばしば)
    観光も十分視野に入れたほうが良いと思います。

  2. ぐっちゃん | URL | FSYT/83M

    Re:竹富島の梅雨

    そねっとさん、コメント有難うございます。

    ちょうど10年前ですが、今回と同じゴールデンウィーク時期に、沖縄旅行をしています。(その時の旅行記は2008年のブログ記事を参照。)

    その時はDXはせず、沖縄のCFM局を狙いに重点を置いたので、那覇市内に3泊。日帰りで宮古島へ行っています。その時、雨だったのは、その宮古島に行った時で、昼過ぎまでは時々雨が降るにわか雨。傘が必要な状態だったのは、ほんの数十分間だけでしたが、夕方近い時間になると、激しい雨に変わっていました。

    この時、泊まったホテルは、当時は那覇市内唯一のビーチだった波の上ビーチから徒歩10分。今なら、波の上うみそら公園が出来てビーチが拡張されたので、ホテルの目の前がビーチになっているホテルです。当時は泳ぐつもりで用意もしたのですが、気温は20度台前半と泳ぐには寒いので断念しました。

    今回は1泊少ない2泊ですが、もう若くないので泳ぐ予定は無し。(苦笑)
    もしかしたら、最終日はホテルを8時には出て、石垣島へ渡り、石垣島で一番美しい海と言われる川平湾の観光しちゃうかも。
    石垣空港を出発する便は15時35分発なので、時間的余裕はあります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2481-3fa4c77e
この記事へのトラックバック



最近の記事