竹富島でのDXは・・・

2018年04月24日 22:53 <--クリックお願い!

中波は台湾が強すぎてDXは難しい。そんな懸念もある竹富島でのDXですが、調べていくうちに、フィリピン、及び南太平洋の中波DX局を狙えるかも知れない時間帯があるのが判りました。
基本的に、中波局の遠距離受信が可能なのは、日没前の数十分~夜間~日の出後の数十分間。
特に日没直前または日出直後の時間帯は、思いがけないDX局がFBに聞こえることもあります。

竹富島を含む八重山地方の4月末の日没時間は、おおよそ19時10分。最大の混信源になりそうな台湾は、それより15分程度遅い。
一方、フィリピンのマニラも八重山地方とほぼ同じ時刻の日没。ミンダナオ島のダバオに至っては、25分も早い18時45分が日没です。
当然ながら、グアムやオーストラリア東部の日没ははさらに早い。

今年1月に行った沖縄・伊計島でのDXペディでは、夕方のフィリピン局オープンのピークは、受信地点の日没の1時間前から日没時間直前に訪れました。

ということは、竹富島での、中華圏を除くフィリピン及び太平洋地域の中波DXのピークは、18時頃から19時頃まで。この1時間に集中すれば、思いがけないDX局が拾えるかも。という訳です。

実際の所、この時間帯は西桟橋に夕日の写真を撮りに行っているので、タイマーセットで録音していると思いますが。

南太平洋地域のDXは、諦めた訳ではなく、地図でチェックしながら、グレーライン上にある地域のDX局を狙ってみようかと、考えています。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2483-453b7299
    この記事へのトラックバック



    最近の記事