いよいよハムフェア

2018年08月24日 23:18 <--クリックお願い!

先週の週末、こともあろうに39度台の高熱を出してしまい、寝込んでしまいました。
土曜日は持ち堪えましたが、日曜日は完全にダウン。お陰で、予定していたアジア放送研究会のフォーラムにも行けず。・・・( ;∀;)

今は完全復調し、明日のハムフェアに備えている状況です。

明日は、JSWCのブースに、「竹富島での中波局受信」を体験出来るコーナーを設けます。

先週、新たに購入した中古のノートPCに、SDR受信機ELAD FDM-S2のソフトをインストールし、動作確認。
CPUのCore i5へのアップグレードと、HDDのSSD化が功を奏したようで、前のノートPCで発生していた、中波帯を丸録りしたファイルを再生した際、頻繁に固まる現象は、まったく発生しませんでした。

これなら、デモにも使えるし、DXペディでの経験をそのまま、ミーティング等でも体験して貰えます。

という訳で、明日からのハムフェアでは、竹富島での中波DXをそのまま、疑似体験が出来るコーナーを、日本短波クラブのブース(ブース番号:J-22)に設けることとなりました。

明日は、午前中に中国国際放送(CRI)の王小燕さんがJSWCブースに来られます。

それが終了後、パソコンをセット。SDR受信機のパソコン画面を自由に操作して貰い、受信体験が出来るコーナーを設けます。

ノートPCには竹富島で記録した全データを載せましたが、ポータブルHDDには沖縄本島や伊計島。南房総でのオセアニア中波DX。さらには、昨年秋の気仙沼DXペディのデータを記録して持って行きますので、希望があれば、それらのDX体験も可能にします。

南房総の日没直前、トンガ、オーストラリアやニュージランドなどのDX局もガッツリ聞こえた部分の受信体験も出来ます。

ということで、明日からのハムフェアには、中波DX体験をしにおいで下さい。

2018ハムフェア準備1

2018ハムフェア準備2

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2515-1c0614cf
    この記事へのトラックバック



    最近の記事