新たな日帰りDXペディ会場を探して

2018年11月25日 20:32 <--クリックお願い!

この三連休中、結局、初日は犬吠埼にDXペディをしに出掛けて来ました。

しかし、コンディションは最悪で、今年9月に横浜市内の野島公園の展望台がある広場での成果の方が、よっぽど良かったという状況。たとえ犬吠埼でも、コンディションが悪いと、良い日の横浜での受信よりも悪いことを、改めて認識したDXペディでした。

さらに追い打ちを掛けるような悪い事態。

これまで、LADXのピーク時間帯の20時過ぎまでワッチしても、犬吠埼は日帰りが出来る場所でした。
それが、今年9月末の京成バスダイヤ改正で、出来なくなっていたのです。


自分にとって、LADX局のピークとなる20時台前半までDXをしても、公共交通機関利用で日帰りが出来るDXペディ会場で最も遠い場所が、この犬吠埼でした。
ところが、今年9月末の京成バスダイヤ改正で、最終バスが2時間も繰り上がってしまい、それが出来なくなったのを知ったのはつい先日。バスではなく鉄道利用した場合は、19時の正時過ぎがワッチ終了のデットラインです。

年に何度か行っている犬吠埼DXペディは、3連休時行うDXペディは最寄りのペンションに宿泊。そうでない日に行う場合は日帰り。それが自分のスタイルでした。しかし、日帰りだと19時直後にはワッチを切り上げなければならない。


以前から、犬吠埼に匹敵しそうなDXロケーションで、かつ公共交通機関利用で行ける外房の場所として、飯岡刑部岬はどうだろう? と考えていました。
でも、最寄りのバス停である千葉交通の灯台入口のバス時刻を調べてみると、最終バスの時刻が17:35。これでは早過ぎて話になりません。

やっぱり車が無いと無理なのか?

ん、まてよ。でも、灯台入口の次のバス停は飯岡。このバス停は、東京行き高速バスのバス停もある停留所。
そこまで歩いて何分掛かるのだろう?。

今度はGoogle Mapで距離を測ってみると1.7km。行きは標高差60m程の坂道を登るので、30分近く掛かりそうですが、帰りは下り坂なので20分前後で行けそうです。

重要なのは、その高速バスの最終時刻。犬吠埼発の最終バス時刻は2時間も繰り上がってしまいましたが、銚子駅発の最終バス時刻には変化なし。22時ちょうどが最終バス時刻でした。これなら、余裕で20時台までDXが可能です。

しかも、Google Mapで気が付いたのですが、このバス停は定食屋の目の前にあります。その定食屋にはHPもあったので、営業時間を調べてみると、11時~24時の営業。仮に20時過ぎにワッチを切り上げてANT撤収作業の時間を考慮したとしても、遅くても21時までにはバス停に着く。それから最終バスが来るまで1時間もあるので、その定食屋でゆっくり晩飯を食べてから帰れる。

そんなことが、昨日判りました。

あとは、ノイズが無いかどうかの問題ですが、ワッチ場所近辺には、天敵の太陽光パネルは見渡りません。但し、その高台を降りて250m離れた場所にはありました。

十分に距離はあるので、多分、問題は無いとは思いますが・・・。

あと、これはTPDXをするさいの気分的な問題ですが、ここは南方向に海が開け、東方向は陸地です。その東方向には高い山などはありませんが、陸地より海の方が、海岸効果も期待出来るので良いに決まっている。

今後のDXペディ予定は、12月の沖縄。その解析は時間が掛かるし、冬の外房は風も強く寒いので、日帰りペディを決行するなら早くても3月でしょうか。

あと、この飯岡刑部岬そばにはコテージを有する宿があります。残念ながら一人で泊まれるのは平日のみ。それと、そのコテージは密集しているので、アンテナは張りずらい。なので、結局、DXはアンテナが張れる敷地がある飯岡展望台があるエリアに移動が必要でしょう。移動といっても、僅か150m程度の距離ですが。

ここに泊まってワッチは移動して行うDXペディには使えそうですが、でも、宿のHPには素泊まりプランが書かれていなんですよね。
一応、来年の町田DXミーティングのDXペディ会場の有力候補地でもあるのですが、どうかな?。

とにかく、先ずはロケ確認で実際に行ってみるしかなさそうです。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2540-42acb5de
    この記事へのトラックバック



    最近の記事