新たな日帰りDXペディ会場を探して(その2)

2018年12月09日 13:11 <--クリックお願い!

前回、このタイトルで記事を書いた時は、日帰りでDXペディを行うのを前提としました。
今度は、日帰りでも、泊まりでもどちらもOKなDXペディの話。それが可能になりそうな有力候補地を見つけました。

灯台もと暮らし。その場所はまさしく、このことわざがあてはまる場所にありました。

東京~犬吠崎間の高速バスが通る飯岡。この場所は、前回記事を書いた展望台がある高台へ行く場合に下車するバス停でもあります。
そのバス停から1.1km程。歩いて十数分の場所に、古い鉄筋コンクリート7F建てのホテル「飯岡温泉グロリア九十九里浜」があります。このホテルの存在は以前から知っていましたが、DXペディ時に活用しようと思うことは全くありませんでした。

ところが、先日、Googleマップでくまなくチェックしてみると、そのホテルの目の前に、いいおかみなと公園という海沿いの公園がありました。この公園の南側は海ですが、東側は高台の丘に遮られます。その丘こそが、前回の記事に書いた飯岡刑部岬展望台がある丘です。

その公園はかなり広い芝生があり、テーブル&ベンチもいくつかありました。そして、ノイズ源となる太陽光パネルからも、500m以上も離れている。ノイズは少ないことが期待出来ます。・・・って、でも、実際に行ってみないと判りませんが。

肝心の、そのホテルの宿代ですが、部屋は6畳和室が基本で、一人で宿泊する場合は4,000円。三名なら2,500円と格安。
但し、食事は付かない、素泊まりプランだけがあるホテルです。
近隣に食堂が何店舗かあり、中には23時まで営業する店もありました。徒歩7分の場所にコンビニのローソンもあります。

あと、雨だとペディは中止となるので、ホテルが前日の予約でも部屋が確保可能かとうか。それが重要なポイントです。
そのホテルのHPで予約状況を確認した所、休前日の土曜日は無理っぽい。遅くても1ヶ月前には予約が必要な状況でした。だめじゃん。

月曜早朝狙いで、有休をとってDXペディを行うか、雨を覚悟で早めに宿を確保するか。そのどちらかの選択。

ですが、ホテルの最上階なら4m×1.5m程度のミニ長方形FLAGが張れそう。角部屋なら、南側と東側に通じるバルコニーがあるのが、ホテルのHP上の写真で判りました。オセアニア中波DXシーズンだけじゃなく、TPDXシーズンにも使えるかもしれない。そんな期待も出て来ました。

もしかしたら、目の前の公園でなくてもDXが可能かも知れません。

まぁ、あくまで雨天の場合の非常手段の場合に限りますけど。

とにかく、これは一度は試しに行くしかありませんね。
という訳で、近いうちに、その調査へ行こうと思っています。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2542-98c5aef3
    この記事へのトラックバック



    最近の記事