来週3連休は…またもや離島DXペディ

2018年12月15日 11:44 <--クリックお願い!

今年ほど、飛行機での移動を伴ってのDXペディを頻繁に行った年は、過去に一度もありませんでした。

1月の沖縄の離島、伊計島に始まり、4月の竹富島、10月の北海道網走。そして、来週末の3連休はその締め。再び、沖縄の伊計島でのDXペディションです。

飛行機は午前中に到着する便。かつ那覇でレンタカーを借りるので、初日から観光メニューがあります。先ずは首里城へ。自分は過去に首里城へ3度行っていますが、一緒に行く友人は初の沖縄。だったら、それは外せません。

でも、気になるのはやはり空模様。tenki.jpの10日間予報でうるま市の予報を見ると、ペディ期間中は晴れの時間帯があるかと思えば雨の時間帯があったりと、どうも不安定な空模様。初日は、雨が降るのは夜だけのようですが、2、3日目は昼間の時間帯でも雨の時間帯が。でも、1日の中では晴れの時間帯もあったりと、天気予報が一定しません。

それでも、今年1月の伊計島DXペディでは、初日の夜からペディ最終日まで延々と雨。それに比べれば大分ましでしょうか。

2日目は美ら海水族館とブセナ海中公園を予定していますが、雨模様ならブセナ海中公園を取り止めの可能性も。グラスボートに乗ったり、海中で魚を見る予定ですが、雨が降っては視界が極端に落ちてしまうので、行っても無意味になりそうな気配も感じるので。


今回は、1月のDXペディと同じ「伊計海の唄」のコテージでの宿泊ですが、今度の部屋は、広い芝生の専用庭がある建物。一直線に、20mのTDDFアンテナが360度、どの方角にも張ることが可能な広さがあります。前回の宿泊のさい、次回泊まるなら、絶対にこの部屋と決めていた部屋で、今年2月に予約を入れました。これだけ早い時期に部屋を確保するのも初めてで、この時点では、自分以外の同行者はだれも決まっていない状況の中での決断でした。

この宿は高台の岬の天辺にあり、おおよそ270度の方角はエメラルドブルーの海。コテージの風呂は2Fで、海側は大きな全面ガラス窓。、その海を眺めながら入れます。もし晴れで星が見れるなら、風呂の電気を消せば満天の星空を見ながら入れるだけに、快晴であって・・・
と思って、月齢カレンダーを確認したら、今度の3連休は満月なんですね。竹富島に行った時も満月の日でした。星観察の点では、なんかついていない。まぁ、それ以前に曇りや雨ではどうにもなりませんけど。


1度、同じ冬の時期にDXペディをやっている経験があるので、どの地域が、どの時間帯に聞こえるのかはおおよそ把握出来ています。今回はその発展系。やはりメインターゲットはフィリピン中波局になりそうですが、南アジアや中近東、さらにはアフリカ中波局もターゲットにしてみたいと思います。


今年最後のDXペディ。さて、成果はどう出るでしょうか。

あっ、ちなみにこの成果は、1月20日(日)の町田DXミーティング(MDXM)にて、プロジェクタを使用して発表する予定です。
DX成果だけじゃなく、観光の動画も公開するかも。美ら海水族館の巨大水槽で泳ぐマンタやジンベイザメの動画を公開出来るかも?。

2018年1月 伊計島DXペディ(1)

今回、宿泊する部屋は、この写真の左端のコテージです。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2543-1889b414
    この記事へのトラックバック



    最近の記事