2019年を迎えて

2019年01月02日 19:03 <--クリックお願い!

新年明けましておめでとうございます。

本年も、当ブログ「BCLと写真が好きなおじさんの日記」を宜しくお願い致します。

2019年1月2日の日の出(1)
快晴の1月2日に自宅から撮影した日の出(その1)

2019年のBCL活動は、昨年同様にDXペディやBCLミーティングを軸とした活動を行うつもりです。

DXペディは個人で行うものと、町田DXミーティング(MDXM)のDXペディとして行うものの2種類。

個人として行う今年最初のDXペディは、2月中の週末に、外房の飯岡で行うDXペディ。自身は初めてDXペディを行う場所で、もしかしたら屋内でも十分に成果が出せるロケーションかも知れません。8階建てのホテルで、バルコニーがあり、2m×6mの長方形FLAGを張ることが可能。角部屋が取れた場合は、南北方向、東西方向の2本のFLAGが建てることが可能です。

もし、ノイズが気になった場合は、ホテル目の前の飯岡みなと公園でワッチ。ベンチ&テーブルも何セットもある、海沿いの公園。海は南側にあるので、オセアニア方面のDXの成果が期待出来ると思います。

次に行うのは、3月の飛び石連休。1日休暇を取り、TPDX局狙いで三陸地方で行う可能性大。でも、思い切って道東で行う可能性も捨てきれません。

今年のゴールデンウィークは10連休。出来れば、ここで人生初の八丈島DXペディを考えていますが、宿や船のチケットがとれるかどうか。NGだったら、DXではなく各地のCFM局を受信し、レポートを送る。SDR受信機でDXを行う前のスタイルの旅をしてみようかと思います。10連休もあるので、報告書を書く時間はたっぷりとれるし。

6月は町田DXミーティング主催のDXペディ。2月の飯岡DXペディで成果があれば飯岡。NGなら、実績がある湯河原でのDXペディになると思います。

9月、及び10月または11月の3連休は北海道の道東でのDXペディ。今年は2回行うつもりです。
昨年、11月に道東でDXペディを行った方は、シカゴの中波局をFBな状態で受信されていますが、自分の10月に行ったDXペディでは受信出来ませんでした。

アメリカ東海岸局は、アラスカ上空を超えて電波がやってくる。
過去、毎年、三陸地方でDXペディをやっていた体験から、アラスカ局は晩秋の方がFBだったという経験があり、もしかしたら米東海岸局も同じかも。それなら、昨年受信された時期と同じ11月にDXペディを行った方が有利です。


BCLミーティングは、相変わらず奇数月開催で、場所も横浜の野毛。または東神奈川になるでしょう。
ミーティングスタイルも、プロジェクタを活用した情報交換メインなのは変わらないと思います。

但し、屋外受信も気持ち良い季節の、4~5月または9月~10月辺りに、FM局受信ランチ会なんていう企画も面白いかも。
CFM局が20局近くも1ヶ所で受信可能な場所を知っているので、そこを会場として提案しようか?。
そんな企画も考えています。

2019年も、当ブログ「BCLと写真が好きなおじさんの日記」、及び「町田DXミーティング(MDXM)」を宜しくお願い致します。

2019年1月2日の日の出(2)
快晴の1月2日に自宅から撮影した日の出(その2)

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2547-4084c6b8
    この記事へのトラックバック



    最近の記事