昨日は秋葉原ミーティング

2019年02月03日 18:02 <--クリックお願い!

昨日は、秋葉原で行われたBCLミーティングに参加して来ました。

前回、12月のミーティングは忘年会を兼ねていたせいか、参加者も二十名を超えていましたが、今回は十数名と参加者は減少。
但し、参加者全員がBCL情報を提供し、その半数を超える人達がプロジェクタを使用して発表。情報は国内放送局の情報が中心でした。海外局の情報は少な目。この点が、町田DXミーティング(MDXM)との大きな違いでしょうか。

MDXMの場合は海外局と国内局との情報比率は、海外局の方がやや多め。海外局の場合は、どうしても受信情報メインになってしまいますが、国内局の場合は、局のスタジオ訪問もプロジェクタで報告されます。

昨日の秋葉原ミーティングも同様に、局スタジオの写真もプロジェクタで公開されていましたが、ビックリしたのが、府中FMの開局日の12月末日、開局を迎えた正午にそのスタジオ前で受信していた方がいたこと。同様に、MDXMメンバーの一人も、開局のその瞬間をスタジオ前で受信しています。
MDXMメンバーに、同じことをやっていた人がいる話をした所、その開局の瞬間をスタジオ前で受信していた人は3名いたと話していました。
その情報を発表していた方と、MDXMメンバーとは知り合いでもなんでも無い方どうしです。


自分は、先月のMDXMのミーティングでも報告した、沖縄伊計島でのDXペディの報告。但し、ここのミーティングは発表者の持ち時間が、一人辺り10分と短いので、8分間程の動画を用意。前半はスライド写真でDXペディション会場となったコテージとそこから見た海の写真、アンテナの写真、DX中の様子の写真などを、スライドショー形式で上映。後半は、スリランカ、コンゴ、エチオピア、ブラジルの各短波局の受信音を紹介。
紹介しきれない局は、「YouTubeで"BCLDX"と検索してね。」と話しました。


自分が得られたBCL情報の中で、これは!と思った情報が、中華ラジオのXHDATA D-808を持参し、どんな機能があるかを紹介してくれた、Facebookの「Enjoy Radio, Shortwave Listening -ラジオ、BCLを楽しもう-」を管理する方の情報。
自分は中華ラジオNo,1は旧モデルのDE-1103だと思っていたのですが、どうやら、このラジオはそれを上回る性能らしい。
驚いたのが、選択度の帯域がAMで7段階、SSBで6段階選べること。

買っちゃおうか、ちと悩んで来ました。

ミーティングの最後は、2年振りの秋葉原ミーティングとMDXMとの合同DXペディション計画の話を、プロジェクタで説明しました。
来週の3連休、MDXMのミーティングチーフと自分、秋葉原ミーティングのメンバー1名の計3名で、ペディション候補地の下見を兼ねたDXペディを行い、その結果を次回報告することに。

さて、2年振りの合同DXペディ開催は実現出来るでしょうか。


ミーティングの後は飲み会。飲み放題で3,500円のコースでしたが、自分の記憶では、これまでの秋葉原ミーティングでの飲み会では、間違い無く最安値だったように思います。日本酒も大吟醸酒が含まれていたし、大満足。

次回も、この店で飲みたいかも。

ここでの飲み会を終了し、今回は珍しく?、3次会は無しで解散となりました。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2555-643498a5
    この記事へのトラックバック



    最近の記事