FMアンプを買いました

2019年05月12日 07:02 <--クリックお願い!

先週末、Facebookのグループ「Enjoy Radio, Shortwave Listening -ラジオ、BCLを楽しもう-」で活動している、Takei Masaさんから紹介を受け、VHFローバンドからUHF帯まで使えるアンプ、JIM M-75受信アンプを購入しました。
そのファーストインプレッションです。

JIM M-75受信アンプ試用1
購入したのは、このブログにCMを貼り付けている楽天内のショップ「山本無線 CQ」。秋葉原に実店舗がある店なので、送料よりも安く秋葉原へ行ければ、店へ行った方が安く買えますが、それに気が付いたのが、この記事を書き始めた時。意味が無いよね。
その送料は540円でした。

電源は乾電池またはDC12V。しかし、乾電池は006P。幸いに006Pは1個だけですが付属に付いていたので、昨日はそれを使いました。
最近、このタイプの乾電池、余り見掛けませんよね。

ところが、外部電源でDC12V入力の端子が付いていたので、それから電源供給が出来ます。これ、自分が普段、屋外受信で中波・短波帯のDXに使用しているALA-FLAGとまったく同じ。それを試しに使ってみた所、まったく問題無く使えました。

先ずはIC-R7100に接続。受信を試みた所、FM帯はスプリアスが発生。そりゃ、インターFM鶴見中継所の送信アンテナが見える場所でワッチしているのだから当然。
でも、このアンプはボリュームで感度調整が可能なので、それで調整して試してみました。

生憎、昨日はこのアンプが届いた昼頃にEスポが消滅。DX的な成果は出せませんでしたが、なんか良さそう。
今週は、夕方にもEスポが高い確率で発生しているので、自宅よりもロケショーンが良い場所でFMDXをすれば成果もあるかも。

という訳で、夕方は大田区の多摩川台公園で2エレ八木アンテナを使いワッチ。しかし、Eスポの発生は無く空振り。
結局は、コミュニティFMを受信してみるだけで終ってしまいました。

でも、予想よりも多くの局が受信出来ました。送信アンテナが低いため、大田区では受信が難しい、府中市のラジオチューズが受信出来たのは少々驚きでした。

JIM M-75受信アンプ試用2

JIM M-75受信アンプ試用3



では、昨日の18時、19時の2回、2エレFMアンテナを西南の方角で向けた場合に受信出来たコミュニティ放送局の受信リストを公開します。
たちかわFMのIDは確認出来ませんでしたので推定。それ以外の局は全てID確認が出来ました。

このリストに、我が家で受信可能なFM川口、かずさエフエムがありませんが、アンテナの向きを北東方向へ変えれば確認出来ると思います。

但し、在京ワイドFM局のスプリアスも、アンプを付けたことにより発生しました。
それが抑止効果になってしまい、埼玉方面の局受信を難しくしているかも知れません。

MHz 局名
---- ----------------------------------
76.3 エフエムなぎさステーション
76.7 Cosmic Wave
77.5 FM星空ステーション
77.7 FMやまと
78.2 むさしのFM
78.5 FMブルー湘南
78.3 FM湘南ナパサ
78.9 湘南ビーチFM
79.1 かわさきFM
82.8 鎌倉FM
83.0 市川うららFM
83.1 レディオ湘南
83.4 FM世田谷
83.8 調布FM
83.9 相模FM
84.0 RADIO CITY
84.1 FMサルース
84.2 FM西東京
84.3 FMえどがわ
84.4 FMたちかわ(推定)
86.8 FM越谷
87.4 ラジオチューズ
87.6 渋谷のラジオ
88.9 FMしながわ

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2568-0ef5a132
    この記事へのトラックバック



    最近の記事