BCLミーティング会場は…灯台下暗しでした(笑)

2019年11月05日 18:37 <--クリックお願い!

横浜市中区野毛の野毛地区センターは、町田DXミーティング(MDXM)のBCLミーティングのメイン会場です。
ところが、次回11月10日(日)のミーティングが、この地での最後のミーティングの可能性が大きくなりました。

予算が貧弱なBCLミーティングを運営する上で、最も重要なのは安い公共施設の会議室を確保すること。
自分がスタッフを務めるMDXMでは、たまたま予約開始日が休日だった場合、朝9時にその施設へ行って予約しています。

休日で無い場合は、その翌日に電話予約し、一週間以内に利用料を施設の窓口で納付します。
ここで残念なのは、予約開始日に予約出来るのは窓口のみ。電話予約はその翌日からなので、今のメイン会場の横浜市中区の野毛地区センターは、予約開始日以外で会場が取れることは稀。取れない場合は、空いていることが多い東神奈川の公共施設を利用していますが、これも電話予約から一週間以内に、利用料を施設の窓口で納付する手順は一緒です。

予約方法は、横浜市内の区営公共施設は何処も同じようなもの。という訳で、自分またはミーティングチーフは、予約開始月の度に、その手間を請け負っています。
その分だけ、BCLミーティング参加のみのメンバーより、余分に交通費負担とかをしていますしね。


横浜市の区営施設は、地区センターの他にコミュニティセンターがありますが、コミュニティセンターは地元住民のみに開放しているもの。と理解していたので、会議室を探したことは一度もありませんでした。
ところが、数年前から区営施設を民間NPOに外部委託する区が多くなり、その条件も変わっていたようです。

たまたま、自分が住んでいる横浜市鶴見区、JR鶴見駅前のビル内にあるコミュニティセンターに問い合わせてみた所、代表者が地元民以外は条件は無い。参加メンバーの名簿を提出し、承認されれば2年間使えるとのこと。
そして、何よりも大きいのは、定員20名の会議室利用が無料で、一日最大4時間まで利用可能なこと。プロジェクターも無料で借りることが出来ます。

これなら、ミーティング参加費はタダに出来ます。
・・・何で、もっと早く気が付かなかったのでしょう。(笑)


地元なので、予約開始日が平日の場合でも、通勤の帰り道に寄って予約が可能です。
しかも、自宅が地元なのは自分だけですが、MDXMメンバーの中には、鶴見が勤務先の方もいるので、昼休みに予約に行けるかも?

という訳で、野毛地区センターでMDXMのBCLミーティングが行われるのは、11月10日(日)の午後が最後になる可能性大です。
9月に開局したCFM局、マリンFMもがっつり聞こえる。野毛での最後のBCLミーティングに、皆さんで参加しましょう。

今度のミーティングの詳細はこちらから。
http://mdxm.web.fc2.com/

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2585-7f1f87f6
    この記事へのトラックバック



    最近の記事