昨日は久し振りの秋葉原ミーティング参加

2019年12月01日 19:56 <--クリックお願い!

昨日は秋葉原ミーティングに参加して来ました。ミーティングの参加は、今年2月以来久し振りです。

普段、秋葉原ミーティングは偶数月の第1土曜日開催。ところが、昨日は奇数月の第5土曜日開催でした。

何故、久し振りのミーティング参加になったか。毎月第1土曜日は、掛かり付けの病院での定期診察があるためですが、秋葉原ミーティングが始まった頃は、開始時間が14時。なので、開始時刻に行けましたが、今年から診察する項目が増え、病院の診察・会計が終わるのは14時前後。にも関わらず、ミーティング開始時間が1時間早まって13時となったため、行く気力が無くなって来たというのが大きな理由。前回のミーティング参加は今年2月で、しかも2時間も遅刻しての参加でした。

さらに、今回の病気後の通院では、内科の他に脳外科の診察も加わるため、もう第一土曜日のミーティング参加は不可能。
町田DXミーティングでも、第1土曜日の開催もありましたが、幸いに夜間開催だったりしていたので、問題はありませんでした。

今回は、たまたまの第5土曜日の開催だったので行けましたが、今後は第1土曜日の開催になる限りは行けなくなると思います。
夜に行う飲み会は別ですけどね。


その久し振りのミーティング参加でしたが、感じたのは参加者が減ったなということ。
しかし、ミーティングをBCL情報の発表の場として考えるなら、最適な参加人数だったと感じました。なんせ、前回は二十数名。今回は16名ですから。

前回参加した時は、一人辺りの情報発表の時間は10分に制限されていたので、事前にその時間枠に入り切るよう、事前に発表する情報・しない情報を選択して準備していました。

昨日はその時間制限は無かったものの、後から発表する人の都合を考慮して、前回同様にセーブして情報を提供。
そしたら、ミーティング後半に時間的余裕があったので、追加して情報を出すことも出来ました。

この16名という参加人数は、関東DXersサークル(KDXC)のミーティングで、参加者が一番多かった頃とほぼ同じ。情報交換を主目的としたミーティングの場合には、実績もある参加人数なんです。


海外局の受信情報は、やっぱり少なめ。ところが、国内局の情報は半端ない。しかも、交通情報のVICS放送を受信し画像表示する方法など、結構、専門的なノウハウが必要なことの解説などが、映像を通じて行われたりもしていました。

あと、今回は優勝がかかったJリーグのFC東京応援のため、ミーティングを欠席したメンバーが、味の素スタジアムからTV会議で参加したという、これまでのミーティングでは無かったスタイルでの情報発表もありました。

このTV会議スタイルでのミーティング参加は非常に魅力。

例えばDXペディのためにミーティング欠席した場合に、ペディ会場から参加。なんてことも可能な訳で。
町田DXミーティング(MDXM)の場合、夜間のミーティング開催のケースも多々あるので、DXメインタイムに今、どっかのDX局がFBに聞こえている様子を生中継しちゃうことも可能でしょう。

でも、基本的にMDXMはミーティングとDXペディは別の日に開催するので、生中継は有り得ない。
しかし、ワッチ中の様子を録画しておいて、その様子をミーティングで流す。というのは面白いですよね。

次のMDXMのDXペディは来年2月の沖縄DXペディなので、考えてみようと思いました。

そんな、久し振りに参加した秋葉原ミーティングの内容でした。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2589-48c9386b
    この記事へのトラックバック



    最近の記事