【期間限定】秋葉原BCLクラブ会報に掲載のDXペディリストのSDRデータ公開します

2020年03月08日 09:34 <--クリックお願い!

秋葉原BCLクラブの会報、BCLファンの情報誌「ABC50's No.6」に、千葉県南房総市のちくら潮風王国で行ったDXペディションの受信リストを掲載しています。
それ併せて、そのDXペディで記録したSDRデータの一部公開を開始しました。

2018年7月 ちくら潮風王国DXペディ(1)


南房総市のちくら潮風王国は、太平洋を目の前にした広い公園がある道の駅。過去、この場所で4回、DXペディションを行っています。

とても広い芝生の公園で、特にオセアニア中波DXの成果は、自身の経験上、最も大きな成果が上がりました。

FLAGアンテナが張り易い。直ぐそばに、24時間出入り自由な民宿があることから、日没時のDXのみでなく、この宿で仮眠を取り、早朝ワッチにも臨めます。車中泊をして、その車の中でのワッチも可能なロケーションです。


このロケーションで受信したリストを、秋葉原BCLクラブの会報、BCLファンの情報誌「ABC50's No.6」に掲載していますが、今では、該当ELAD製SDR受信機を持っていなくても、フリーのSDRソフトで、そのDXペディの記録を、自分のPCで体験が出来るようになりました。

そこで、2020年5月7日までの期間限定ですが、このDXペディで記録したSDRデータのうち、以下のファイルを公開。ダウンロードして南房総DXペディションの体験が出来るようにしました。

公開したSDRデータは、以下のサイトからダウンロードして下さい。

FILE:南房総ちくら潮風王国DXペディ.zip
URL:https://4.gigafile.nu/0507-pb23553a8d4b537e2bac23fd517f4c91c
ダウンロードパスワード:bcl1

ELAD製のSDR受信機(FDM-S1/FDM-S2/FDM-S3等)のデータを再生出来るソフトをお持ちの方は、ダウンロードしたファイルを解凍後、直ぐに南房総DXペディの体験が出来ます。

該当のSDRソフトを持っていない方は、こちらのガイドを参考にして、HDSDRをセットアップして下さい。


解凍すると、以下の2本のファイルがあります。
●20190502_ChikuraSiokazeOhkokuDX_1.wav
2019年5月2日18時前後に記録した中波帯のデータファイル。日没が早いグアムは勿論、ニュージーランド、トンガ、オーストラリア東部のクイーンズランド、ニューサウスうウェールズ州などの局を中心に聞こえます。
特に、801kHzのKTWGは、なんと810kHzのAFN東京並みの受信状態。1035kHzの2ZBの受信状態も圧巻です。

●20190502_ChikuraSiokazeOhkokuDX_2.wav
2019年5月2日19時前後に記録した中波帯のデータファイル。あちこちの波でオーストラリア、ニュージーランド、さらには南太平洋の島国(トンガ、マーシャル他)が聞こえます。

さらに、この2本のファイル共に、ハワイや北米西海岸局も沢山聞こえます。

但し、「ABC50's No.6」には、ハワイ、北米局はリストから除外していますので、以下のサイトを参考にして下さい。
http://www.mwlist.org/mwlist_quick_and_easy.php?area=3&kHz=0

<追記>
ダウンロード時の注意事項を追加します。
自分も、初めてギガファイル便を使用したさい、不要なWinZipをダウンロードして失敗した経験があります。
なんか、違うデータファイルじゃなくてWinZipがダウンロードされちゃんだけどと思われた方は、こちらの絵を参考にして下さい。
(画像をクリックすると、拡大画像が表示されます)

ダウンロードを完了したら、コメント欄に「ダウンロードしたよ」と、一言コメントを頂けると嬉しいです。

南房総DXペディDL手順

スポンサーサイト





コメント

  1. Thomas | URL | -

    The records had been download. thanks for great report!!

  2. Radio Enthusiasist | URL | JalddpaA

    Thanks!

    ありがとうございます!沖縄の電波を堪能させていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2607-3e3110bc
この記事へのトラックバック



最近の記事