【期間限定】竹富島DXペディション中波SDR受信ファイルを公開しました

2020年05月01日 04:57 <--クリックお願い!

Facebookでは予告済ですが、2018年のゴールデンウィークに、竹富島DXペディションで記録した中波全域のSDR記録データの公開を開始。
6月29日までの期間限定公開です。

公開したデータは、ELAD SDR-R2で記録したファイルを、ZIPで圧縮した次のファイルです。

1. 日中に記録したデータ

2018年4月28日 17:57~18:04に中波帯全域を記録したSDR記録データです。
竹富島の日没よりも1時間以上早い時刻に記録したデータなので、聞える局は台湾や中国大陸局が殆どです。
日没に近づくと、かなり多くの台湾・中国大陸局がフィリピン局に潰されます。
台湾や中国大陸局(主に福建省の局)を良好に聞きたい場合は、こちらのデータをお聞き下さい。

放送時間が09:00~18:00のため、日本で受信する場合、沖縄以外では不可能なフィリピンのDayTime局、1134kHzのDWBTの放送終了が良好に聞こえます、僅かですが、この時間でなければ聞くことが出来ない、フィリピン中波局も潜んでいます。

ダウンロードURL:http://pr7.work/0/竹富島MWDX2018-04-281757-1804
ダウンロード時のハスワード入力は不要です。

2. 朝に記録したデータ

2018年4月30日 05:55~06:03に中波帯全域を記録したSDR記録データです。

聞こえる局の半数以上がフィリピン局です。受信地点からフィリピンのマニラまでの距離は1120km程。本州よりも近い距離で、かつ日の出時刻は関東地方より1時間以上も遅いため、沖縄以外の日本国内局は聞こえません。
関東地方で、日本国内中波DXを行うような感覚で、フィリピン中波DXが出来る。そんなSDRデータです。

ダウンロードURL:http://pr8.work/0/竹富島MWDX2018-04-300555-0603
ダウンロード時のハスワード:BCL2


いずれも、2本のWAVファイルが1セット。ELAD製の純正ソフトならば2本のファイルを連続再生可能。約8分間の連続聴取が可能です。

フリーソフトのHDSDRでも再生可能ですが、2本のファイルの継続再生が出来ないのか、または再生時の設定がデフォルトでは不可なのか不明ですが、2本のファイルをまたいでの再生が出来ませんでした。
HDSDRで2ファイルをまたいで再生をする手順をご存じの方、コメント欄にメッセージを頂けるとありがたいです。


このDXペディで受信した局の受信リストは、秋葉原BCLクラブの会報「ABC50's Vol.3」で発表済ですが、解析に要した期間が短く、穴だらけのリストです。また、この受信リストでは中国や台湾局の多くは含まれていません。
以下のページから、 ABC50sNo3.zipを選択し、ダウンロード可能です。
http://bcl.xii.jp/uploader/


なお、我が家はVDSLの環境のせいなのか、それともダウンロードサイトが遅いためかは不明ですが、1本のファイルのダウンロードに1時間半~2時間掛かりました。混まない早朝~朝のダウンロードをお勧めします。

自宅で自粛生活をする、このゴールデンウィーク。竹富島DXペディを体験してみて下さい。
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bclphoto.blog22.fc2.com/tb.php/2611-7a6b6e52
    この記事へのトラックバック



    最近の記事